top of page
スナンタ製作所
せいかつ部日報

スナンタ製作所には、製作で「生きる」を追及する製作部と共に

日々の生活から「生きる」を考える「せいかつ部」が存在します。

 

「生活」は生きるための活動

それは地味ですが一週回って世界の先頭。

本業と生活の快活な融合をめざし

細く際どい道をゆく若林一家の記録を夫人、若林美緒が綴ります。

雪が積もりました

昨日の朝くらいから舞い始めた雪が 夜まで降り続いたようで 道路も真っ白になった今朝のスナンタ しかも快晴 教室の窓から 降る雪を1日眺めていたこどもたちは 昨日、夕方帰宅するなり スキーウェアに着替えて姿を消し 夕飯の時間に遅刻して 鼻を真っ赤にして帰ってきたと思えば...

切干大根をつくっています

工房からの帰り道 自転車で走っていると 道路に卵のからが落ちていて あーサル来た? もう少し行くと、さつまいもの切れ端 またもう少し行くとまた卵のから サルなー、この頃多いよなー んーもー と、思って通り過ぎたんですが よく考えたら、それは 行きに私が落として行った生ごみ...

ぶつけがちなあなたに

私、今新しい車がほしくって というのも、むこう10年の行動範囲を考えた時に ひとりで長距離移動ができたいなと思うからで 今の軽ワゴンだと 風にも煽られるし、そもそも軽なので あまり高速運転が気持ち良くありません 普通車のー 見通しが効いてー 自転車が2台載せられてー...

雪がふったよ!

寒波がくるよと、情報におどされ こどもはわくわく 雨が雪にかわれば嬉々として 雨じゃない?といえば「雨じゃないよ!!」と憤り その何かが止むと落胆し 雪国育ちの彼ら、そんなに雪が好きです というかむしろ 雪が降るとスクールバスが止まるから、か なるほど さて...

さよなら図書室

ブログの更新は2年ぶりのようです 確定申告の準備や 各種展示会がおちつき、それにまつわる記録をまとめる時期なので パソコンに向かう時間がこの頃長いのです そうすると つい余計なことをしたくなります 余計なこと=ブログの更新 2年経ちましたので 一度書いておきますが...

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。...

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」...

毎回ほうれん草

ガストにて、今日は ブログを連投していますが こんなことをしている場合なのか どうなのか。 2月ですから 確定申告の用意を進めたいところです。 (今年は年末にだいぶ 整理を進めたので多分大丈夫) 来週から展示会が始まるので パッケージや、アクセサリーの組立て...

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって...

今、振武寮の件

2月になりましたが あけましておめでとうございます。 マイペースでやっています。 里帰りしない正月は だらだらしようっ♪と 張り切っていた割に 慣れないだらだらには 1日で飽き。 2日はみんなで外へ出て 露天風呂に入りました。 え? そうです、露天風呂。...

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり...

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは...

グッジョブ、春

前回、若林の夜明けの件を書きましたが もう少し書かせて下さい。 いやあまりにも 世の中うまく回っているなぁっと 思えて止まず。 思い起こせば、今年の春。 2ヶ月の休校下、家の仕事を子ども達と くる日も来る日もこなし 彼らのパワーと魅力に気づかされ...

乾杯!

「隅っこが上手いね」 2人で黙々と漆喰を塗ります。 若林、珍しく 夫人を褒めて伸ばす方針のようです。 「隅っこの美緒って呼んでよ❤︎」 (即座) 調子に乗るまでがとても早い。 有頂天がすぐそこ。 楽しい仕事をさせてもらっています。 さて。 先月、小麦もまきおわり...

棟札

先日泊まったホテルにて。 夕食があまりに美味しくてはしゃいだ、いね。 たくさん食べてお食事を楽しみ尽くした末 「わたしはこれでごちそうさまにする❤︎ もうあげてください❤︎」 そう言って嬉しそうに両手を軽く上げ。 ?? 一瞬の沈黙の後...

おいしく登校

gotoで県内近場に家族で1泊。 何にせよ、そんな余裕はないんですが タイミングと勢いで予約を入れて 入れたらもうこっちのもんで そういうものとして予定ができていくわけで 見事、行ってこれました。 みんなで泊まって、出した金額は ほんのちょっぴり。 なんだこれ。...

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って...

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。...

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。...

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。...

bottom of page