若林克友

wakabayashi katsutomo

 

より「樹」に近い「木」を使い、小物、家具、彫刻を製作。

何より素材に寄添い、使いやすくつくりやすい、うつくしいカタチを求める。

家具と彫刻、木と石、境界線のないものづくりを展開。

1979神奈川県大和市に生まれる

   中高生時代を長野県松本市で過ごす

 

2002日本大学工学部建築学科卒業

   福島県に暮らし始める

    

2004木質注文家具制作「めばえ工舎」設立

   福島天栄村の閉校になった山村の小学校を借りる
   

2011東日本大震災を経験

   ものづくりへの考え方を改める

     隈研吾建築都市設計事務所の試作製作担当

 

2012札幌に新たな拠点「Gallery  tarao」開設

   以後2014年まで福島と札幌を行き来しながら、製作

        

2015山梨県富士川町に「スナンタ製作所」設立

   福島及び札幌の拠点を山梨に集約

2016 個展「樹をひらく」が福島、札幌、東京を巡回

2017個展「若林克友彫刻展」(札幌)

   山梨県河口湖ハナテラスに野外彫刻90体

    山梨県甲府市芸術の小径に常設展示

2019KAJIMA彫刻コンクールにて模型入選

   節彫刻「穴達」

   山梨県民文化祭にて優秀賞受賞

   札幌軟石​彫刻「昇和」

 

指針

物体は

時の流れと環境を要因に変化を続ける

一粒の種は、芽を出し葉を広げ

幹を伸ばし枝をつける

干ばつに遭ったり、雷神に打たれたり

いずれ朽ちて土に還る

雨に濡れること、陽に照らされること

キイクイムシに喰われること

ヤマネやムクドリが来て巣をつくられること

「僕に出逢うこと」も樹にとって

できるだけそれらとかわらないように。

生き物は、生きるために樹と関わる。

僕もそのうちのひとり。

キクイムシとヤマネとムクドリと

同じ立場で樹にふれる。​

それが僕が樹を削る時の指針。

一粒の種が樹となりいずれ木材となり、

その先にも彼らの生涯は続いていく。

僕が作るカタチは樹にとって

膨大な時間と共に在る膨大な変化の過程の

そのうちのひとつだと捉えている。

こちらもご覧ください

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi