スナンタ製作所
せいかつ部日報

スナンタ製作所には、製作で「生きる」を追及する製作部と共に

日々の生活から「生きる」を考える「せいかつ部」が存在します。

 

「生活」は生きるための活動

それは地味ですが一週回って世界の先頭。

本業と生活の快活な融合をめざし

細く際どい道をゆく若林一家の記録を夫人、若林美緒が綴ります。

参加賞はゴミ袋120枚っ!

いねの水ぼうそう。 かくかくしがじか、どうも違ったかもしれなくて。 いろいろは、また後に書くとして。 ともかく、彼女は今日から社会復帰しました。 今日は町の運動会。 富士川町は、スポーツが盛ん。 町のグラウンドには聖火台があって それぞれの区では毎年運動会をやってて...

シュワちゃんが。

思い出しました 先日テレビを割りました 32型です、ちゃんと大きいいやつ。 機嫌よく掃除機を掛けていて 珍しくテレビの後ろもっ♪ ちょっとなんか引っかかってて 引っかかってるなーって思って よいしょ あれ? よーいしょっ! そしたら 掃除機の上にテレビが落ちまして !!...

サルにおごる

水ぼうそうでお休み3日目の7歳児。 学校では今日から掛け算だというので おうちで掛け算の練習です。 だちょうさん踊りを踊りながら。 !? 余ってるんでしょうね 発散されるべき一日分のいろいろが。 余りにあまって 今日はだちょうさん踊りの形をとって昇華されているのでしょうから...

天井も埋めたし

日に日に柚子が色づく10月の穂積地区 越してきて5度目の柚子の季節。 越してきたのが11月で まだゆずが生っていたので、5度目ですが。 居住期間としては もうすぐ丸4年。 え?! うっかりしてるうちに、ずいぶん経つっ! 破格でお借りしているこの家も。...

失敗はネタにして

先日台風が来ましたよね 9月の終わりだったと思います。 あの日 うちの上の水路が溢れて、道路が川になり 山からの土砂が 大きな石小さな石、土も砂も木の枝も交じって流れ着いてきて 水が引いた後は 20cmくらいの厚さで土砂が積もりました。 翌朝には...

午後は爆弾つくり。

7歳児、いね 水ぼうそうになり。 しかし元気で でも人に会っちゃいけないっていうし じゃー山ならいっかっ♪ ふたりでおちおちくるみ拾い。 この辺りの山はクルミの木が多くて 毎年いっぱい落ちるのです。 硬くて割るのが大変な鬼ぐるみですが...

芋も焼くし。

今年、若林さんちの薪は豊かです。 我が家、冬の暖は薪ストーブでとっております。 福島時代住んでいた場所は マイナス20度にもなる極寒地帯で ついでにいうなら 屋根から落ちる雪と地面に積もる雪が繋がる豪雪地帯 あそこはとても寒かったので 薪ストーブを購入したのです。...

過去ブログのご紹介

過去の「めばえ若林夫人の手帖」は スナンタ製作所の前身「めばえ工舎」に付随したブログで 主に私が書いていたため 本業に全く関係なく、暮らしやこどものことが大半。 「駆け出しの木工作家と、木工で生計を立てるため奮闘する妻の...

めばえ手帖から、ようこそ。

ようこそ、Wixへ。 過去のブログ「めばえ若林夫人の手帖」からお越しのみなさん ありがとうございます。 こちらでの再会 こころからうれしいですっ♪ よかったらまたお付き合いください。