乾杯!

「隅っこが上手いね」

2人で黙々と漆喰を塗ります。

若林、珍しく

夫人を褒めて伸ばす方針のようです。

「隅っこの美緒って呼んでよ❤︎」

(即座)


調子に乗るまでがとても早い。

有頂天がすぐそこ。

楽しい仕事をさせてもらっています。


さて。

先月、小麦もまきおわり

畑の草も、もうそんなに伸びないので

畑仕事の時間が減り。


山のくるみももう落ちない頃合いなので

くるみ仕事もひと段落しており。

仕事に割ける時間が増えています。


漆喰を塗りに若林と共に

朝から現場に入り

お弁当を食べて、夕方まで。


こんなにしっかり

現場で連日仕事ができるなんて

いつぶりでしょうか。


壁が終わったら、次は電気工事。

昨年電気工事の免許を取り

今回は初めて親方についてのお仕事で。


最高。

何もかも分からないから

何をしても感動❤︎


作業が遅くても、間違っても

わからなくても


親方は「いい経験をしたねぇ」

「いい質問だねぇ」と言ってくれて


なんと恵まれた見習いでしょうか。


電気工事も、数日、フルタイムで通い。

最高。


ああなんて気持ちよいの!

1日通しで働くことの快感。


何もかも切れ切れな子育て時代を

何年も過ごしてきたので

このフルタイム感に打ち震えています。


これは、もしかして

若林美緒の夜明け、きたな。


若林さんち、新たなフェーズです。





13回の閲覧0件のコメント