top of page

豆まき

なんだかばたばたした金曜日

夜、習い事にでかけるいねが

靴を履きかける頃に


「あ!豆まき!!」

若林の気づきが降りてきて


もう時間もぎりぎりだけど

豆まきはしないわけにはいきません


いねちゃん、ちょっと遅刻してもいい?

「いいよ!」


大急ぎで若林が取り出してきたのは

千葉県産のおいしい落花生


これは決して、豆まき用ではなくて

千葉の方から「おいしいよ」ともらったやつで


「ねぇこれは、絶対に拾い逃したくないね」

「間違いなく回収できるところにだけまこうよ」


こんな美味しそうな落花生が

半年もした後にサッシの隙間や箪笥の裏から

出てきて食べられもしないなんて

それはだめ!


急いでそう伝えると

食いしん坊たちの同意も得られ


大急ぎで回る各部屋

投げそうで投げない豆

もしくは投げて即回収


でも声だけは、通常運転


そもそも大声を出すなとか

静かにしなさいとか

とういう風には暮らしてないんですが


こんな夜に、窓を開けて

叫んでいい言葉はさすがに限られています


おにはそとー


私に投げようとするお決まりのそれも

時間がないのにちゃんとねじ込んできて


はいはいはい


もう本当に

いつまでこういうことに

乗ってきてくれるのかしら、こどもって


こんな楽しい時代

忘れないでおこう


そういうわけで

習い事に遅刻してでも豆をまきたいって

豆まきの優先順位がここまで高いわけです


尊いのです

そして、落花生はとても美味しかった


さて

昨晩のこと

夕飯をつくっていると、珍しく家の電話が鳴り


出ると、次男の声

「おかあさん?おれ、KZさんちにいるから」


ふーん珍しいね、わかった

電話ありがとう


KZさんは、砂垈出のおじさんたちで

今は空き家の、彼らの実家にたまに遊びにきています


電話の向こうでは大人がくすくす笑う声

これは何か楽しいことをやっているな


夕飯の時間になったので

若林が呼びに行くと、案の定帰ってこず


この楽しさを察したいねが

食後に「私も様子を見てくるね」と参戦


結局3人で数時間お邪魔して

お寿司を食べ、ほうとうを食べ、焼き肉を食べ

「おなかいっぱいー❤︎」


だいぶ満たされて帰宅


次男にそのきっかけを聞くと

テニスの素振りをしていたら

お墓参りに誘われて、着いて行き


お墓はほぼ全部KZさんたちの親戚だから

線香をせっせとお墓に置いて回り


なんか気づいたらこたつで寿司食ってた❤︎


次男はこのおじさんたちとのお話が

すごくおもしろかったようで


親を介さず繋がる、学校に関係ない大人

ちょっと新鮮な関係を築いたように見えました


親や先生は偏っているから

いろんな大人と繋がることは

きっと次男の救いになるでしょう


中学生男子を

さっと誘ってくれるおじさんたちと


その誘いに

臆せず乗っちゃう中学生と


なんかこのご時世では

あまりなさそうなことですが


砂垈内ではありえるようです

とてもよい関係だと思います

最新記事

すべて表示

誰もいないよるのできごと

じゃがいもが入ってきたので カレーをつくります 飴色玉ねぎをみて、娘 「たぬき色・・・・」 本当に冗談みたいなボケを 素でしてくる女子(中1) ここに書くのもちょっと恥ずかしい ※正解は「きつね色」です さて 夜、子どもたちが寝てから 居間でパソコンをいじっていると カサカサ、カサカサ 壁の中かなぁ 何かいるなぁ カサカサ、カサカサ 1時間くらい それを気にしながら作業をしていて カサカサ、カサカ

写真は5年分齢をとってました

先日、運転免許証の更新手続きをしてきました なんと 今回、生まれてはじめての ゴールド免許 自覚的に そんなに優良なドライバーではないと思うのですが くれるよというなら もらっておきます、ゴールド免許 私が今乗っているかわいいエブリは (スズキの「軽っぱこ」といわれるやつです) なんだかべこべこで んー ひとつひとつのキズについて思いかえせば あー確かにー 台風の次の日にぶつけたなー、とか 草刈機

42歳モデルデビュー

私はスナンタ製作所のなんでもやですが この頃は、そのなんでもの範囲が広がっていて 今日はついに モデルになりました ただ モデル、兼、カメラマン 三脚を立て、シャッターを押し 急いでスツールに腰掛け、くつろいだポーズ! ネックレスやピアスをつけ あっちむいたり、こっちむいたり 顔がやっぱいアレなんだ、下を向いたり 全部、ひとりです シュールな光景です でも わざわざ誰かにモデルを頼んでも もたもた

コメント


bottom of page