top of page

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら

タケノコを抱いて帰ってきました。

さすがです。


小学生たちは、下校後途中まで

歩いて上ってくることになっており


「12時になったら出発するから

 どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」


ということにしておいたんですが

時間通りに車を出して、山道を下って行くと


なかなか彼らに出会えず

あれれー


轢くといけないので、ゆっくり下ります。

カーブを曲がっても曲がっても

まだいない。


ずいぶん下までくだると

発見、道端にごろっと2つのランドセルと班長旗。


近くに車を停めると

山の斜面でニコニコたけのこを掲げる2人。


やったーっ!!


たけのこは「美味しい」っていうのもあるけど

まず「食材」だからね、最高。


歩くといいことあるねーっ♪


いっぱいタケノコをだっこして帰宅。

わわわーとお昼を食べ

おもむろに包丁を取り出し、もっちゃん。


土間にシートを広げ

「皮も剥いてくれるの??」


「当たり前じゃん」

あら、クール。


今夜あく抜き。

今年何度目かのタケノコウェイブは明日からです。


さて、久しぶりに彼らが揃って登校し


すると

「しずかだねぇ」

「本当」


大人ふたりでは、こんなにも静かなのです。

知らなかった。


たった半日ですが

彼らのいないこの時間、さて何をするか。


そーだなーっ♪

まず朝の仕事を片付けるでしょー

そしたらまず畑行くでしょー


帰ってきたら本を読みながらお茶飲んでー

元気復活したらヨガやってー


あとそこらへんを片付けて気持ちよくするわー。


あれ?!つまり

全く、いつもと同じ。


いつも、やりたいことをやってたということで

あーそー。

まぁそうかも。


それにしても、実際は

畑にいても「お母さんおやつなーにーっ!!」

という叫び声が聞こえてこないこと。


お茶を飲んでいても「見てーこれ見てー」

って誰かが寄ってくる気配がないこと。


それだけで

脳みそ、すっきりっ♪


なんなんだろう、人って。

実際同じことをやっているのに

気配とか、心配とか、そういうもので疲れているのかしら。


そういえば

「人の心配事の8割は杞憂」という記事をこの頃読みました。


アドラー心理学では

「課題の分離」という考え方をしていて

人のことは人のこととして

つまり人のことまで心配しません。


んー


「気にする」っていうのが、結構容量をくっている。

うん、そうかもー


だから「気配がない」ということは

神経が休まるのでしょう、なるほど。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘の友達が遊びに来ました これはあまりないことで つきあいの長い彼女ですが まだ保育園の頃にお泊まりに来た以来 玄関先に何かを届けに来たりした程度で そうだなぁ、お家の中で遊んだことは なかったような気がします 小学校6年生になった彼女たちは 帰ってくるなり、向かい合って座ったと思えば テーブルにワークを広げ 宿題を始めるのですが ずっと笑っていました 「え?どこから始めたの?」 うふふふふ 「こ

若林さんちは山に住んでいるので どこに行くにもとりあえず山を下ります いつも甲府の学校まで自転車で通う長男 毎朝1時間のサイクルエクササイズ その効果により「筋肉長男」の異名を得て なかなか頼もしい存在になっています 行きは下りですから この季節は寒さとの戦い 帰りは上りですから 修行、トレーニング 電車も通っているのに あえて自転車通学を楽しんでいる彼ですが さすがに寒波でつるつるの峠道は 送っ

昨日の朝くらいから舞い始めた雪が 夜まで降り続いたようで 道路も真っ白になった今朝のスナンタ しかも快晴 教室の窓から 降る雪を1日眺めていたこどもたちは 昨日、夕方帰宅するなり スキーウェアに着替えて姿を消し 夕飯の時間に遅刻して 鼻を真っ赤にして帰ってきたと思えば 「雪合戦、く○たのしー!」 今日しかできないかもしれないから 夜雪合戦、やってきたら? 夕飯もかっこむ感じで食べ終えて 再び飛び出

bottom of page