5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら

タケノコを抱いて帰ってきました。

さすがです。


小学生たちは、下校後途中まで

歩いて上ってくることになっており


「12時になったら出発するから

 どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」


ということにしておいたんですが

時間通りに車を出して、山道を下って行くと


なかなか彼らに出会えず

あれれー


轢くといけないので、ゆっくり下ります。

カーブを曲がっても曲がっても

まだいない。


ずいぶん下までくだると

発見、道端にごろっと2つのランドセルと班長旗。


近くに車を停めると

山の斜面でニコニコたけのこを掲げる2人。


やったーっ!!


たけのこは「美味しい」っていうのもあるけど

まず「食材」だからね、最高。


歩くといいことあるねーっ♪


いっぱいタケノコをだっこして帰宅。

わわわーとお昼を食べ

おもむろに包丁を取り出し、もっちゃん。


土間にシートを広げ

「皮も剥いてくれるの??」


「当たり前じゃん」

あら、クール。


今夜あく抜き。

今年何度目かのタケノコウェイブは明日からです。


さて、久しぶりに彼らが揃って登校し


すると

「しずかだねぇ」

「本当」


大人ふたりでは、こんなにも静かなのです。

知らなかった。


たった半日ですが

彼らのいないこの時間、さて何をするか。


そーだなーっ♪

まず朝の仕事を片付けるでしょー

そしたらまず畑行くでしょー


帰ってきたら本を読みながらお茶飲んでー

元気復活したらヨガやってー


あとそこらへんを片付けて気持ちよくするわー。


あれ?!つまり

全く、いつもと同じ。


いつも、やりたいことをやってたということで

あーそー。

まぁそうかも。


それにしても、実際は

畑にいても「お母さんおやつなーにーっ!!」

という叫び声が聞こえてこないこと。


お茶を飲んでいても「見てーこれ見てー」

って誰かが寄ってくる気配がないこと。


それだけで

脳みそ、すっきりっ♪


なんなんだろう、人って。

実際同じことをやっているのに

気配とか、心配とか、そういうもので疲れているのかしら。


そういえば

「人の心配事の8割は杞憂」という記事をこの頃読みました。


アドラー心理学では

「課題の分離」という考え方をしていて

人のことは人のこととして

つまり人のことまで心配しません。


んー


「気にする」っていうのが、結構容量をくっている。

うん、そうかもー


だから「気配がない」ということは

神経が休まるのでしょう、なるほど。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。 今日1日のことを考えながら上っていると 最後の山道で、登校中の小学生に逢うのです。 もちろん、うちの小学生のおふたり。 その、思っても見なかった遭遇に

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって もう好きなだけいじくり回せるのです。 ああ、買ってよかったMacBook。 昨年、MacBookを買って Macデビューです。 今も、一応メインはWi

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi