top of page

5月12日

昨晩の夕飯、メインはイノシシ。

今夜の夕飯、メインはシカ。


ジビエ率が高いです。

豊かっ♪


さて

少し前にもらった乾パン4缶。 乾パン好きの子どもたちは沸きました。 沸きましたが 缶の裏には 「2014」との記載。 あれ。 2020年の今 これはこれは貴重な 6年の賞味期限切れ。 賞味期限切れに強い若林さんちですが 6年というのは 挑戦したことがありません。 でも。 4缶もあるし。 「どうする?」 「どーするもなにも。食べるでしょ」 「そうだねぇ」 「でも6年だよぉ」 頭付き合わせての相談の結果 取りあえず開けてみて 見てくれを点検することに。 開封、ぱっかん。 すると 見た目、全会一致で 「うん、普通。」 「んーどうする?」 「食べてみるっ♪」 いや待てっ!!ここはお母さんがっ!! 子どもたちの胃袋を 危険にさらすわけにはいきません。 先陣を切って 毒味、私。 「だって6年切れてるんだよっ!!」 みんなが見つめる中 ひとつつまんで、くちに。 なめなめ、ごりごり。 舐めてみて、かみ砕いてみて 飲み込んでみて。 子どもたちからの 心配と希望の視線は集中の絶頂 「どう?  どんな感じ?おかあさん!」 「これはね。  これは、一個食べるともう一個食べたくなる感じ。」 「なにそれ。大丈夫ってこと?」 「うん、美味しよってこと。」 おおおおおおおっ!! どよめく歓声。


賞味期限切れ、6年まではセーフ。

是非参考になさってください。

最新記事

すべて表示

砂垈味噌

砂垈、に積もった雪は 連日の10度超えの気温でとかされ 積もるのも早ければ とけるのも早い そんな今回の雪です さて 雪解けのイマイチなコンディションですが 週末、味噌作りを決行 味噌作りは 麹やさんに、麹と一緒に 味噌作りにつかう道具一式を借ります そのために、あらかじめ予約をします その日の朝に道具一式と麹をもらってきて 夕方、道具を返しにいきます 昨年、こどもたちとやって楽しかったので 今年

しゃもじ、燃える

今日は、唐辛子職人 からっからまで干し続けていた 真っ赤な唐辛子たちを チョキチョキ切って 種を出し、粉砕しました これがなかなかの量で 半日仕事 しかも 唐辛子を触った手が凶器! 目を掻いたり鼻の下を触ったら ヒリヒリして大変です こんなに大量にこの作業をしたのは 今年が初めて 昨年から食べるラー油をつくるようになり 赤唐辛子をたくさん使うのです 食べるラー油は 砂垈のくるみと砂垈の柚子を入れま

6月1日

今日は落ち込んでいます。 落ち込むつもりの日ではなかったんですけど 指が痛いのです。 午前中、ため込んだ申請関係をはしごで処理し 気分よくネパールカレーを食べ(3か月ぶりの外食っ!) そのまま食材の買い出しへ向かいまして。 買い物も数軒はしごの予定だったのですが 一軒目が終わり、後部座席に荷物を置いて スライドドアを閉めた時に なんか締まってない感触 ↓ なにか挟まってる ↓ え、指っ? ↓ なん

Comments


bottom of page