4月17日

昨日摘んだヨモギで

今日はヨモギ団子を。


「家活」の時間を使って

いねともっちゃんが、台所に立ちます。


ボウルの中で豆腐を潰すというだけで

大盛り上がりの彼らは


それを捏ねたり、丸めたり

お湯に入れたり、浮いてきたり


その工程にいちいちわーわー言います。

この作業がこんなに新鮮なのなら

やっぱりやってもらわないともったいない。


私の「当たり前」は案外

彼らには大好評です。

うれしいっ♪


山のような緑の団子と立ち上る湯気

充満するヨモギ臭。


あんこを添えて

午後のおやつが楽しみです。


さて。

こどもたちがスキルを上げています。 先日は 「しいたけおこわをつくってください」と 材料の置き場所と作り方を書いた指示書を置いて出掛けたところ ちゃんと美味しいしいたけおこわを炊いてくれました。 やきそばも、しかり。 こちら、指示書すら不要。 こどもがこんなことまでできるようになってきて 私、ほくほくです。 中二長男は 余っている瓦で釜戸をつくったり 若林に工具を借りて小さな薪小屋をつくったり 庭の木にはしごをつくったり それはそれは自由に 外遊びのものづくりを楽しんでいます。 小6次男は 淡々と私と一緒にタンポポを掘り 畑のルバーブでジャムを煮て 部屋に斬新な野花を飾り この人はまだ お母さんに褒められるのが好き。 小4長女は 好きな歌(雨のちハレルヤ)を 耳コピで根気よく音を拾ってキーボードで弾き 暇さえあれば机に向かってドリルを広げ 今日は、お昼に稲荷寿司を詰めました。 この人は 元気な人ではありますが、インドア。 ひとりでじっくり何かをするのが好きです。


ずっと一緒にいたはずの彼らの姿も

この頃は、ずっと鮮明に見えてきます。


最新記事

すべて表示

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

6月1日

今日は落ち込んでいます。 落ち込むつもりの日ではなかったんですけど 指が痛いのです。 午前中、ため込んだ申請関係をはしごで処理し 気分よくネパールカレーを食べ(3か月ぶりの外食っ!) そのまま食材の買い出しへ向かいまして。 買い物も数軒はしごの予定だったのですが 一軒目が終わり、後部座席に荷物を置いて スライドドアを閉めた時に なんか締まってない感触 ↓ なにか挟まってる ↓ え、指っ? ↓ なん

5月31日

あっちからこっちから 苗が余ってるんだけどいる? とお声が掛かります。 もちろんありがたく全部いただいてきます。 私が故意的に種や苗で揃えるものと 意図せず舞い込んでくるありがたい「あぶく苗」 今日は ズッキーニとかぼちゃ、キュウリ、とうもろこし ヤロウ、カモミール、チャイブ、ひまわり 先日は インゲン、へちま、枝豆。 みんなのお陰で、今年も畑が賑やかになってきて 毎日の点呼も忙しいです、最高。

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi