週末の反省

昨日、土曜日。

子どもたちが家にいたのに

パソコンの前に座り通し

お仕事に興じてしまいました。


気が付くと

子ども同士、罵り合い

不快な言葉の応酬とその声のトーンに

私もイライラ。


私がよく知っている子供たち

つまり兄妹は

放っておくとハッピーにしているかというと

そうではなくて


彼らが自由に過ごしている時間に

ほんのちょっと

合いの手を加えるくらいなんですが

私が施さなきゃいけないことが

ちょっとだけあって

それを守っていれば

彼らも私も、ハッピーに過ごせます。


でも昨日みたいに

そばに子どもたちがいるのに

長時間何かに没頭し過ぎて

合いの手すら怠ると

家の中が嫌な空気になってたりします。


だから週末は

基本、仕事はしない。

はずだったのですが。


面白い課題をもらってしまって

つい。


私が「仕事」と名のつかないことを

好き勝手してる分には

彼らが自由に私の世界に

出入りすることが許されていて


お母さんみて

お母さん聞いてて

お母さんおやつ

お母さんひま


要求をする自由があるのに対し

それが「仕事」となると私も

「ちょっとごめん仕事だから」

とか言いたくなります。


その「仕事」って言葉は

最優先されることが当然で

絶対的、威圧的。


有無を言わさず邪魔しちゃいけない響きで

言われた方は疎外感があります、確かに。


仕事と生活の境が極めて曖昧な我家。

それがいいところでもあるんですが

あまり生活に仕事を持ち込み過ぎると

生活でリラックスしてる人たちに

窮屈な思いをさせてしまいます。


だなー。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

5月30日

そうだ。 先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際 買い物を終え店を出て 左右を確認して駐車場内の通路を渡り 車に乗り込みました。 そのまま、帰宅の予定だったので 駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで 通路に何かが落ちている。 もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。 でも、見るともなく見ていたような その落とし物 視界で鮮明に あれ?はっきりしてくる 「あっ!!私のお財布っ

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi