夜桜はお寺で見た

夜7時から長男のサッカー

8時から次男といねのヨサコイ

9時にサッカーが終了

9時半にヨサコイが終了


このスケジュールで

普段は、街と山を3往復。

学校と宿題で結構お忙しい子どもたち

彼らの時間を有効活用するためです。


しかし今は春休みだし。

この頃は、全員連れて出てしまい

全員終わるのを待って全員で帰り

つまり一往復で済ませています。


そこに昨日は

「桜が満開だから」という理由で

呑みたがりの若林も助手席に乗り込んできて

家族総出となりました。


こういう待ち時間で出来ちゃう買い物は

この時間にとっておいてあり


昨日も、とりあえずオギノ(最寄りのスーパー)


オギノの前に

大人の腰の高さくらいの車止めが

一定の間隔で立っていて。


それをご機嫌に跳び箱飛びして進んで行く次男。


「寒いから先にお店に入っててー」

と言ったのに。

カバンのお財布をもたもた探す私を

そうして跳びながら一人待っててくれる彼は


やさしいよねー、そいういうところ

モテるとこだわー好き。


お買物も終わり出てくると

また車止めをぴょんぴょんと跳び。

調子よく連続で跳ぶなーっと見ていると


何個目かで

べちゃ、と音が出そうなコケ方で転び。

爆笑させることも忘れず。


ヨサコイ組を送り届けた後は、夜桜堪能。

でも寒すぎてずっと車内。

そのせいで車内がお酒臭くて、ちょっとめげ。

でもなんか喜んでたので、まぁいいです。


お酒、呑みたがりの若林と。

その文化を持たない私。

価値観の違いは、世界の広がり(と苦痛)


互いは互いでいいじゃないか

夫婦でもそれでいいじゃないか

とこの頃は思っています。

なんで夫婦別姓にしなかったのか

そのくらい思っています。


翌朝。

起き抜けのいねが

「おかあさん昨日のもっちゃん

 スライムみたいだったよね。」


突き詰めると、あのコケ方の話でした。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi