優しさは根性

鼻がスケルトンで

その内部状況が全て一目瞭然だったらいいのに。

どうやってそんなに分泌するのか

是非見せてほしい。


さて。

漫画家の小池一夫さんの「人生の結論」という本を読みました。

一夫さん、御年8?才。

人生の超ベテランです。


私、40手前でこんな

「結論」を読み盗もうなんてそりゃ邪道なんですが

中間地点においての点検のつもりで開きました。


簡単な言葉でさくさくと綴られる、軽やかな人生訓。

読んですごく、ほっとしました。


右往左往と生きてきて私

30代はまさに鬼門で迷いは絶えず。


門をいよいよくぐり終えたかな、

一歩一歩、苦しいことは遠のいているかな

とやっと思えるこの頃ですが


その恐ろしい門をくぐる間に

苦し紛れに掴んだ策たちが

案外「人生の教訓」をなぞっていて。


あら、私、やるじゃない。


人生の先輩から「ちゃんと生きている認定」を

もらったようで、安心しました。


「成熟した大人」をキーワードに綴られているので

「大人」とは「大人」とは、って何回も出てきます。

一冊読むと、ちょっと首を絞められるように息苦しくなりますが

わかりやすくて、とてもありがたいいい本でした。


日本では「人に迷惑を掛けてはいけません」と教えますが

インドでは「あなたは人に迷惑を掛けて生きているのだから

人のことも許してあげないさい」と教えるそうです。


やさしくて厳しい世界観です。









22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

5月1日

隔離家は若林の書斎でもあるため 若林の本棚があります 木材や森林、建築やアート その辺りの書籍と雑誌 それと おびただしい量の、パンフレット類 それを閉じたファイルの数! ああああああ それ必要なの? 時に勇気を持って尋ねてみるんですが 必要なんだそうです。 物を保管するにも 「管理料」が掛かっているのよ つまり私の手間賃ね。 といつも言うんですけど それにも勝る価値のようです。 それに紛れて数冊

ちょうどクリスマスカラーだし

俄かにサンタさんの動きが活発化している気配を感じ ああもし、もし 私に今年、サンタさんが何かくれるなら その望みを言ってごらんよと 聴いてもらえるなら 何が欲しいと望もうか。 んー クラリネットをメンテナンスに出したい。 極めて、かわいくない返答です。 「自分で出せよ」ってサンタのボヤキが聞こえてきそうです。 小人の靴屋の方が辛うじて近いです。 これだから私にサンタさんは来てくれません。 さて、師

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi