今は「ある男」

最終更新: 2018年12月16日

本のこと、書いてもいいですか。

書きますけど。


3年くらい前に、スマホを辞めてから こどものお迎えまでの間とか

煮物が煮えるまでの間とか


隙間時間で本を読むようになり

以来、ずっと読んでます。


本の中には、世界が広がっていて

開けばいつもそちらへゆけるので

頭とか心が疲れた時に

トリップする感じが心地よいのです。


ずっと小説ばかり読んでいて

そうすると

自分が選ぶ本に飽きてきて


あんv

そうか

読む力がついたわけだから

これを機にちょっと賢くなろうか!


と思い立ち

史実を元にした歴史小説とか

アンネの日記とか 近代情勢とか

読んでみました。


小説のようにページは進まなくて

時間がかかるのですが

じっくり腰を据えて

心地よく読みました。


面白い本を読むと

人に話したくなって

若林に話すのですが


彼は私の本の話が嫌いで

「君の本の話は、見た夢の話をされてるくらい興味が沸かない。」

そうで。


そりゃー

上手に話せていない自覚はありますが 物書きのプロが、

あれだけのページ数を割いて

描いている世界を

この私が数分でそれを語るのは

到底無理で


んー

やっぱり本の世界は

本の中にしかないのだな。

と、寂しく思うのです。


それに対して

ノンフィクションを読んだ話は

若林とも話すことができて

その点はよかったっ♪


でもとりあえず

難しい本で疲れたから

今また小説に戻っています。


本と私の間には

そこにしかない情景と

感情の行き来があって


言葉として存在すらしていない秘密を

2人(?!)だけで共有しているような


唯一無二

親友のような、私と本はそういう仲。


あ、しまった読書バカばれた。


私はその「唯一無二」を

図書館で借りて

とっかえひっかえするんですけどね。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

5月1日

隔離家は若林の書斎でもあるため 若林の本棚があります 木材や森林、建築やアート その辺りの書籍と雑誌 それと おびただしい量の、パンフレット類 それを閉じたファイルの数! ああああああ それ必要なの? 時に勇気を持って尋ねてみるんですが 必要なんだそうです。 物を保管するにも 「管理料」が掛かっているのよ つまり私の手間賃ね。 といつも言うんですけど それにも勝る価値のようです。 それに紛れて数冊

ちょうどクリスマスカラーだし

俄かにサンタさんの動きが活発化している気配を感じ ああもし、もし 私に今年、サンタさんが何かくれるなら その望みを言ってごらんよと 聴いてもらえるなら 何が欲しいと望もうか。 んー クラリネットをメンテナンスに出したい。 極めて、かわいくない返答です。 「自分で出せよ」ってサンタのボヤキが聞こえてきそうです。 小人の靴屋の方が辛うじて近いです。 これだから私にサンタさんは来てくれません。 さて、師