上下巻月間

今週、若林は出張で不在。

いつ帰ってくるかは未定です。

相変わらずです。


出張というのは、出張大工で

親戚の家の断熱工事をやっています。

床と壁を剥がして、断熱を入れて張りなおします。


材料は、土に還ることを条件に選びます。

断熱はウール、内壁は鉱物系、外壁はもちろん木。


家具をつくるのと、家をつくるのでは

何が違うかって、ボリュームが違います。


その材量の膨大なことには驚きます。

大きな仕事も小さな仕事も重要ですが

大きな物をつくる仕事ならなおさら、

材料の質には注意しようと思っています。


彼不在の若林さんちでは

いつもにも少し増して、穏やかな空気が流れています。


週末は、いねと桑の実採り。

鬱蒼とした桑の木の足元に

「もうー草刈りした方がいいよー」とか

「あああー、なんか上から落ちてきたー」とか


およそ山の子供じゃないようなことを

ぶつぶつ言っていて

あらこの子、少し大人になったのかしら

と思いつつ、それでも採り続けていたら


「ねぇ、いねちゃんそろそろもういいかなー」

「もうこんなもんかなー」

採り飽きた私が、帰ろうアピールを始めても


「えーまだあるよ、こっちに」

「待って、ここ見てから」

粘る、いね。


うるさく集ってくる蚊達に構わず

髪にまとわりつく蜘蛛の巣には気が付きもせず

ぐんぐん桑の木に潜って行き


ああ、この人

やっぱりまだこうだったか。

逞しくてうれしくなりました。


採れた桑の実は、

小さい瓶に少しのジャムになりました。


来週はきっともっと採れます。



最新記事

すべて表示

5月30日

そうだ。 先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際 買い物を終え店を出て 左右を確認して駐車場内の通路を渡り 車に乗り込みました。 そのまま、帰宅の予定だったので 駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで 通路に何かが落ちている。 もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。 でも、見るともなく見ていたような その落とし物 視界で鮮明に あれ?はっきりしてくる 「あっ!!私のお財布っ

5月26日

3月から続いたイベント自粛の流れ。 スナンタ製作所でも、いくつかのわくわくが 泡と消えていきました。 緊急事態宣言は解除になったもの イベントへの抵抗感は根強いかもしれず。 そんな中 うれしいお誘いをいただきました。 隣山にある「増穂登り窯」での 作陶展に若林も加え 4人展を開催することになりました。 開催はまだ先、7月中旬ではありますが 「アポイントメントギャラリー」と銘打って 完全予約制、一時

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art