一豊のお嫁さん

ここしばらく

大好きな吉田修一氏の最新刊

「国宝」を

大興奮を伴って読んでいます。


上下巻構成の大作で

上巻「青春篇」は既に読み終わり


その続き知りたさに

翌日図書館へ駆けこんでしまいました。


読みたいと思って行って

その本棚に

この人気作家の最新作が

期待通り並んでいる

というの現象。


ここ富士川町の小さい図書館でしか

到底ありえないことで

都会の図書館では70人待ち、とか

そんな話も聞えてきます。


ははは、最高富士川町。


で、それで

下巻「花道篇」を読み進め


それはもう感情移入は特技ですから

どっぷり浸っているわけで

悲しく苦しく、安堵して湧いて

苦にも楽にもふり幅大きく心を動かされている中


物語ももう本当、終盤のところで

ページをめくると

なんと

「美緒ちゃん」登場。


なんとっ!?

つい二度見三度見。


この字でこの名前が出てきたのは初めてで

感動・・・

しかもこの大作の佳境での登場。


照れるじゃん。


さてこの美緒が

今後どう絡みどう転んでいくのか


もう最終章しか残っていないのに

だいぶ続きをもったいぶってます。

11回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月1日

隔離家は若林の書斎でもあるため 若林の本棚があります 木材や森林、建築やアート その辺りの書籍と雑誌 それと おびただしい量の、パンフレット類 それを閉じたファイルの数! ああああああ それ必要なの? 時に勇気を持って尋ねてみるんですが 必要なんだそうです。 物を保管するにも 「管理料」が掛かっているのよ つまり私の手間賃ね。 といつも言うんですけど それにも勝る価値のようです。 それに紛れて数冊

ちょうどクリスマスカラーだし

俄かにサンタさんの動きが活発化している気配を感じ ああもし、もし 私に今年、サンタさんが何かくれるなら その望みを言ってごらんよと 聴いてもらえるなら 何が欲しいと望もうか。 んー クラリネットをメンテナンスに出したい。 極めて、かわいくない返答です。 「自分で出せよ」ってサンタのボヤキが聞こえてきそうです。 小人の靴屋の方が辛うじて近いです。 これだから私にサンタさんは来てくれません。 さて、師

澄んだ瞳の柔毛突起

「おら、おらで、ひとりいぐも」 今年?去年?芥川賞を受賞した若竹さんの小説ですが やっと先日めぐり合って、読めました。 東北弁を交えながら綴られる、女性の「老い」 これが定型の「老い」からはみ出ることの快感。 小説を読むって面白いなぁ。 私は今39歳ですが 子供の頃の私から、途切れることなく地続きで39歳になりました。 子供の頃は 例えば小学生になったら違う自分に変身する気がしていたし 「大人」に

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi