top of page

一豊のお嫁さん

ここしばらく

大好きな吉田修一氏の最新刊

「国宝」を

大興奮を伴って読んでいます。


上下巻構成の大作で

上巻「青春篇」は既に読み終わり


その続き知りたさに

翌日図書館へ駆けこんでしまいました。


読みたいと思って行って

その本棚に

この人気作家の最新作が

期待通り並んでいる

というの現象。


ここ富士川町の小さい図書館でしか

到底ありえないことで

都会の図書館では70人待ち、とか

そんな話も聞えてきます。


ははは、最高富士川町。


で、それで

下巻「花道篇」を読み進め


それはもう感情移入は特技ですから

どっぷり浸っているわけで

悲しく苦しく、安堵して湧いて

苦にも楽にもふり幅大きく心を動かされている中


物語ももう本当、終盤のところで

ページをめくると

なんと

「美緒ちゃん」登場。


なんとっ!?

つい二度見三度見。


この字でこの名前が出てきたのは初めてで

感動・・・

しかもこの大作の佳境での登場。


照れるじゃん。


さてこの美緒が

今後どう絡みどう転んでいくのか


もう最終章しか残っていないのに

だいぶ続きをもったいぶってます。

最新記事

すべて表示

台風が来て 早く帰ってきた中学生たちが 早帰りにはしゃいでつかれて お昼寝したまま夕食をスキップ かわいいところがまだあります さて 今日は本の話をいいですか タイムリーな日本の受賞作が ガンガン借りられた町の図書館が 閉館になって以来 この頃は、 ポピュラーで新鮮な国内作品は遠くなり 軽いよね、という理由で 新書や文庫をしばらく読んでいました 群馬旅行でお名前を発見して以来 ずっと気になっていた

ブログの更新は2年ぶりのようです 確定申告の準備や 各種展示会がおちつき、それにまつわる記録をまとめる時期なので パソコンに向かう時間がこの頃長いのです そうすると つい余計なことをしたくなります 余計なこと=ブログの更新 2年経ちましたので 一度書いておきますが このブログには 本職スナンタ製作所のことはあまり書かれません 日頃の製作所の様子をお知りになりたい方は ぜひInstagramをご覧く

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

bottom of page