ボトルって書いてあるボトル

すでに過ぎた、いねのお誕生日。

プレゼントは

「一緒にお買物コース」をお選びの彼女。


もう過ぎちゃったけども

満を持して、お買物へ。

山梨県の西南に住む人たちの銀座、イオン。

イオンは混んでいて広くて疲れます。

山の人にとって、ここは気合必須。


いねは迷うタイプの女子なので

あっち行ったりこっち行ったり

あー、やっぱりあっちに戻るね

って、毎度やるので

あわわわわ。


もうヘトヘトになる覚悟で臨むのです。

「イオンは戦争だ」という合言葉の下

そこに兄たちも参戦を決め。


出陣、えいえいおー。


何が欲しいのかも、はっきりしない彼女は

まずうろうろ歩いて

うーん、うーん、と言い。


全フロア見て回った辺りで

「今より大きいマグがほしいっ!!」

と言い出し。


よーし、じゃーマグを探す視点で

もう一回りだーっ♪


途中、何度か座って休憩、給水。

ばったり出くわす男子たちにも給水。


ご予算がありますから

なかなか適うマグがなくて、その度がっかり。

やっと見つけた予算内のマグを

小脇に抱えたらもう離さず。


「これがいい、これがいいっ♪」

とてもシンプルな大人っぽいデザイン、意外。

っていうか、予算内のやつはどうもこれしかない。

でもとても気に入っているようなのでよし。


ふー、終わったよー。

電話で呼び出し、男子と合流。

つかれたねー。

車に戻り、補食。


ふー。


「お母さん、イオンは別に戦争じゃなかったね。」

「ああ、そうだね。別に敵がいなかった。」


結論。

イオンは戦争じゃなくて、スポーツ。


休憩と給水が必要、体力勝負。

多角的視野と持久力が要。

あ、このお店見るっ!!という瞬発的な判断力と

さらに諦めない強い気持ち。

やっぱりあそこもう一回見るっ!という粘り強さも勝敗を左右。


とか話しながらわいわい

銀座から山へ、べこべこの軽自動車で帰りました。

かわいい家族です。


いねは喜んでいます。



73回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月30日

そうだ。 先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際 買い物を終え店を出て 左右を確認して駐車場内の通路を渡り 車に乗り込みました。 そのまま、帰宅の予定だったので 駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで 通路に何かが落ちている。 もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。 でも、見るともなく見ていたような その落とし物 視界で鮮明に あれ?はっきりしてくる 「あっ!!私のお財布っ

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

5月24日

今日は休校最終日。 お昼はお稲荷パーティーで (ただお稲荷だっただけ) 夕方は焚火パーティー。 (ただ焚火日和だっただけ) 夜は切り干し大根パーティー。 (備蓄CCレモンで乾杯) お気づきかと思いますが 通常運転の日常に、「パーティー」を付けただけ。 しかしお疲れさまは本当で こどものみならず、無論大人も。 今、お休み最終日夜8時。 新米4年生はまだ、宿題が終わりません。 「お疲れさまでした」を過

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art