ヘビもムカデもどーけどけ

先日どんと焼き。


この辺り富士川町では

結構盛大にやっており。


峠の下では各組が競うように

立派な小屋を立てて

てっぺんにダルマとか差してます。


ここスナンタでは

そんなことまではしませんが。


前日朝8時に組の男子が集合。

総勢4名(うち一名は4年生)


身の丈サイズの小屋をこさえ

幟を上げます。


毎年のことですが

この小屋が

男子たちの自慢です。


燃え尽きるまでに

あまり時間が掛かり過ぎると

どんと焼きが長くなっちゃうので

大きすぎないことが大事。


倒れる方向も

畑側じゃなくて道側じゃなくて

空地側に倒れるように、操作。


いざ、焼く夜。

焚火してお酒を飲みながら

消防団の到着を待ち。


いざ、点火。

焚火から藁に火を移し

その藁を持って、小屋までダッシュっ!!

おじさんたちの貴重なダッシュ。


竹がパンパン、周りの山に轟きながら

ぱちぱち松の葉、竹の葉。

藁は真っ赤。

火の粉が上がり、降ってきて

こどもたちの書初めの紙は

高く舞います。


炎をてっぺんまで来て

小屋が倒れる時が最高潮。


そして

男子たちの「よーし」

計算通り、だそうです。

誇らしげ。


いいな、どんと焼き。


熾火になってきたら

団子を刺した団子の木をかざし

子供たちが焼いては食べ、焼いては食べ。

団子がなくなれば

マシュマロとかみかんとか刺して焼き。

焼いては食べ、食べては焼き。


大人は燗してお酒。

するめをあぶってしゃぶり。


おじさんたちと

おばさんたちと

こどもたち。


おとなしめ、小規模開催

スナンタのどんと焼き。

好き。


これで今年も一年風邪ひかないねー

なんて言って。

毎年やってるけど

毎年インフルエンザもなってるし。

効果は薄め。



最新記事

すべて表示

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

5月7日

毎日家にいるし わずらわしい前髪をあげちゃって おでこを出して暮らしています。 すると途端に 眉毛が気になり出し。 気になり出したら まぁ気になって気になって。 初めて、アイブロウをつくりました。 色が濃いので、粉飛びは困ります。 扱いやすさ重視でプレスドパウダータイプに挑戦。 その失敗の見事さよ。 ばりっばりにし割れて 小さなブロック状のアイブロウがたくさんできました。 ほほう。 超

5月2日

恐らく今シーズン最後の製材を 昨日してきて 持って帰ってきたクワノキ達を 子ども達が皮を剥きます。 このスナンタの隣の集落の木で 依頼があって切りました。 伐採と製材は この折に配慮して、立ち会えずでしたが 過酷な搬出を手伝った次男は 「皮は僕に剥かせてね!!」 っとまで言うのです。 たーのもしー ありがとーっ♪ さて 私たちが暮らす集落、スナンタは 街から車で5分上った山の中腹で 町内の人でも

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi