top of page

ゲルニカ読んでから

隣街、南アルプスの美術館で

ピカソ展が始まっています。


少し前に県立美術館でやっていた

ピカソ展も見に行って。


感動して帰って来て。

若林には

「年取ってもボーダーの

Tシャツ着なよ」

とか言ったりしました。


その展示から

そんなに時間も経ってないし

こんな近い距離で

またやるっていうんで

期待してまた行きます。


せっかくだからその前に。

原田マハさんの「暗幕のゲルニカ」を

読もうと思っていて。


暗幕のゲルニカは

ピカソを題材にした小説。


原田マハさんは

アート小説呼ばれるジャンルで

何冊か描いており。


史実を元にした

フィクションなんですが

その匙の入れようが絶妙で。


どこまでが本当で

どこがフィクション?

と思いながら

ググりながら読み進めるんです。


以前ゴッホを題材にした

「たゆたえども沈まず」を読み。

読後ゴッホ展なんかあったら

多分作品の前で泣いたな。

というくらい

作家と作品の世界に

取り込まれてしまいました。


小説という表現方法の効果は絶大。


言葉は伝えたいことに対して

極めて真っ直ぐで

それがあの量、連なっているのです。

引き込まれてしまえば

その世界の中を生きてしまいます。


暗幕のゲルニカは

無論、ピカソのゲルニカを巡る物語。


わくわくしながら読み進めています。

この一冊を読み終えて

私はどんな気持ちで

ピカソと向かい合えるのか。


くふふー







最新記事

すべて表示

脱、ポピュラー

台風が来て 早く帰ってきた中学生たちが 早帰りにはしゃいでつかれて お昼寝したまま夕食をスキップ かわいいところがまだあります さて 今日は本の話をいいですか タイムリーな日本の受賞作が ガンガン借りられた町の図書館が 閉館になって以来 この頃は、 ポピュラーで新鮮な国内作品は遠くなり 軽いよね、という理由で 新書や文庫をしばらく読んでいました 群馬旅行でお名前を発見して以来 ずっと気になっていた

さよなら図書室

ブログの更新は2年ぶりのようです 確定申告の準備や 各種展示会がおちつき、それにまつわる記録をまとめる時期なので パソコンに向かう時間がこの頃長いのです そうすると つい余計なことをしたくなります 余計なこと=ブログの更新 2年経ちましたので 一度書いておきますが このブログには 本職スナンタ製作所のことはあまり書かれません 日頃の製作所の様子をお知りになりたい方は ぜひInstagramをご覧く

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

Comments


bottom of page