ゲルニカ読んでから

隣街、南アルプスの美術館で

ピカソ展が始まっています。


少し前に県立美術館でやっていた

ピカソ展も見に行って。


感動して帰って来て。

若林には

「年取ってもボーダーの

Tシャツ着なよ」

とか言ったりしました。


その展示から

そんなに時間も経ってないし

こんな近い距離で

またやるっていうんで

期待してまた行きます。


せっかくだからその前に。

原田マハさんの「暗幕のゲルニカ」を

読もうと思っていて。


暗幕のゲルニカは

ピカソを題材にした小説。


原田マハさんは

アート小説呼ばれるジャンルで

何冊か描いており。


史実を元にした

フィクションなんですが

その匙の入れようが絶妙で。


どこまでが本当で

どこがフィクション?

と思いながら

ググりながら読み進めるんです。


以前ゴッホを題材にした

「たゆたえども沈まず」を読み。

読後ゴッホ展なんかあったら

多分作品の前で泣いたな。

というくらい

作家と作品の世界に

取り込まれてしまいました。


小説という表現方法の効果は絶大。


言葉は伝えたいことに対して

極めて真っ直ぐで

それがあの量、連なっているのです。

引き込まれてしまえば

その世界の中を生きてしまいます。


暗幕のゲルニカは

無論、ピカソのゲルニカを巡る物語。


わくわくしながら読み進めています。

この一冊を読み終えて

私はどんな気持ちで

ピカソと向かい合えるのか。


くふふー







10回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月1日

隔離家は若林の書斎でもあるため 若林の本棚があります 木材や森林、建築やアート その辺りの書籍と雑誌 それと おびただしい量の、パンフレット類 それを閉じたファイルの数! ああああああ それ必要なの? 時に勇気を持って尋ねてみるんですが 必要なんだそうです。 物を保管するにも 「管理料」が掛かっているのよ つまり私の手間賃ね。 といつも言うんですけど それにも勝る価値のようです。 それに紛れて数冊

ちょうどクリスマスカラーだし

俄かにサンタさんの動きが活発化している気配を感じ ああもし、もし 私に今年、サンタさんが何かくれるなら その望みを言ってごらんよと 聴いてもらえるなら 何が欲しいと望もうか。 んー クラリネットをメンテナンスに出したい。 極めて、かわいくない返答です。 「自分で出せよ」ってサンタのボヤキが聞こえてきそうです。 小人の靴屋の方が辛うじて近いです。 これだから私にサンタさんは来てくれません。 さて、師

澄んだ瞳の柔毛突起

「おら、おらで、ひとりいぐも」 今年?去年?芥川賞を受賞した若竹さんの小説ですが やっと先日めぐり合って、読めました。 東北弁を交えながら綴られる、女性の「老い」 これが定型の「老い」からはみ出ることの快感。 小説を読むって面白いなぁ。 私は今39歳ですが 子供の頃の私から、途切れることなく地続きで39歳になりました。 子供の頃は 例えば小学生になったら違う自分に変身する気がしていたし 「大人」に

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi