top of page

入浴サバイバル

台風がきましたね

みなさんのところはどんな朝でしょうか


砂垈はほどよく通行止めや落石などあったももの

守備範囲内の台風でした


でも

水はちょっとおもしろいことになっていて


川の水はもちろん

カフェオレまつりになっていますが


そういうこととは

ちょっと別です


我が家の水道は、町の水道を使っておらず

生活用水は山水を使っています


食用飲料用は工房から汲んできますが

お風呂や洗濯、トイレ、食器洗いなどは

山水です


山水といっても

山から汲んでくるわけではなく


家の蛇口をひねれば出ます


大家さんが、山水の水路をつくってくれていたので

町の水道を使うか、山水の水路を使うか

切り替えができるのです


ところが

町の水道の水路が水漏れしていて

直せる目処がたたないので


当面

という見通しで山水を使いはじめ

数年が経ちます


普段は山水でなんら問題もないのですが

雨が降るとうっすら濁ることや


使いすぎると

出が悪くなるという現象が起こります


その程度は無論よしとする範囲です


なぜ今回

ながながと水道に関して書いたかというと


昨晩のお風呂が

すごい色だったから!!


沼?!


浴室の中に沼のある光景

貴重な眺めでした


さすがに今日はお風呂を休もうか

と、なったものの


入るだけ入ろうかな

入ってみたら顔も洗ってみたりして

顔が洗えるならなんとなく髪も洗えるわけで


心のハードルって

踏み行ってみると下がるもんですね


沼、ノープロブレム



最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comments


bottom of page