top of page

腰曲げて種蒔きの年

新しく明けた年に

日常が雪崩れ込んでおり


既に

え?新年?なにそれ

天晴れだった正月が

もう遥か昔のようです。


福島の自邸で2泊スキー合宿

福島神奈川両実家に一泊ずつ。


美味しいものと愛と

甘やかしに溢れた

幸せな正月でした。


甘やかされるのもいいなー

親はありがたいなー


家族兄弟の健康も確認し

今年の英気を養ってきました。


今年は昨年よりもう少し

仕事をしようと思います。


家事があり子育てがあり

身近に仕事があり

幸せな環境ではあるのですが


それぞれに

没頭してしまえないのがもどかしく。

効率の悪さがつい

気になってしまいます。


その「もどかしさ」を

何か違う名前で

呼べるようになることが

今年の目標です。


家事も子育ても

仕事も(ついでに音楽も)

本当はきっと

全部絡み合って

相乗しているはずなのです。


それがまだ見えていない38才。

伸び代に取り囲まれて

先行き明るい立往生。


いっぱい考えて

いっぱい閃いて

いっぱい沸きたいと思います。


さぁ。

今年もよろしくお願いします

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私、今新しい車がほしくって というのも、むこう10年の行動範囲を考えた時に ひとりで長距離移動ができたいなと思うからで 今の軽ワゴンだと 風にも煽られるし、そもそも軽なので あまり高速運転が気持ち良くありません 普通車のー 見通しが効いてー 自転車が2台載せられてー ドアが重くなくてー 小回りが効いてー へこんでなくてー ??? 新しい車が欲しい、本当の理由は 先日、すごくへこませてしまったからで

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

bottom of page