煎り大豆計画

「悩みのない人」

という名前のフォトコンテストがあったら

出したいな、という写真が撮れました。

被写体は次男です。


さて。

台風が来ますね。


午前中から片付けやら点検やらを少しずつ。

さっき、雨が降り出して

「嵐の前の静けさ」が去りました。


若林は、先日千葉の近況を間近で見てきたので

いつもよりとても慎重になっており


えーそんなに備えるーっ!?

というくらい、いろいろやってくれました。


取り越し苦労だったねーって

明後日当たりただ笑えるといいと思います。


そうだ、先日電気工事士の一次試験が終わり

公式解答と見比べた結果、恐らく合格です。


ということで

早速、二次の技能試験の準備が始まっています。


複線図は書けるようになりましたが

(複線図=配線を示す図面みたいなものです)

想いの外、電線が硬い・・・


こんなに硬いんだぁ・・・


机の上が

器具とケーブルとメモ用紙と工具で溢れかえり

ぐちゃぐちゃ・・・

頭の中もぐちゃぐちゃ。


受かるのだろうか。


という不安に駆られること

一次試験の頃と同じ。


きっとなんとかなるのです。

と信じて淡々と。

立てた計画通りにやるのです。




22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし