標語貼ってあった

確定申告最後の砦、税務署に出向き

かくかくしかじか

こういう手続きがしたい

と受付で申し出ると。


おばちゃん職員の目がキランと光り。

傍で聞いてたおじちゃん職員がふたり

あーだこーだと意見交換。


「そんなことできるの?」

「できるできる」

「おれやったことあるよ、10年くらい前」


私「そんなに稀なケースですか?」

そんなに稀なケースです。

あ、きっぱり。


お昼時を狙って訪ねたからか

今暇だからという理由で

三人掛かりで調べてもらえました。


その珍しいケースを

面倒くさがるでなく

逆に血が騒ぎます、の様相で

まるで楽しそうに取り掛かってくれて


税務署って

ミスを許さない、えらい怖いところ

というイメージがありますが。


できるはずだという観点で

あれこれ引っ張り出しながら臨んでくださる

ありがたい人達でした。


午前中に私自身のも済ませたので

これにて完了です。


はぁー

やったー

今年も終わったー


税務署出て、本当にガッツポーズ。



9回の閲覧

最新記事

すべて表示

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

5月26日

3月から続いたイベント自粛の流れ。 スナンタ製作所でも、いくつかのわくわくが 泡と消えていきました。 緊急事態宣言は解除になったもの イベントへの抵抗感は根強いかもしれず。 そんな中 うれしいお誘いをいただきました。 隣山にある「増穂登り窯」での 作陶展に若林も加え 4人展を開催することになりました。 開催はまだ先、7月中旬ではありますが 「アポイントメントギャラリー」と銘打って 完全予約制、一時

5月9日

パソコンに外付けしたHD 数年分のデータの全てが ワンクリックで消滅してしまう そんなことがあり得るとわかったので これは恐ろしいな 信用し過ぎたらだめだな と、反省しました。 (データは無事に復旧できました) 実はそのデータ消滅事件の前にも やらかしていて オリジナルドメインの更新を忘れていて メールが受信できなくなり それに気づいて設定をいじったところ 旧HPが閲覧できなくなったりと てんやわ

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi