top of page

建築家になりたいそうです

早いもので

一番下の娘が、今年小学校を卒業しました


卒業式の日は

山梨特有の、抜けるような青空で


小学校の校庭に車を停めると

「たくさんの思い出がよみがえってきます!!」


2階の6年生教室から

ここ1週間で、やたら耳にしたフレーズが聞こえてきて

まだ誰もいない春の校庭と青空に放たれていました


今年、卒業生は3人

小規模校の彼らの学校は

学び方も自由にとらえるおうちも多いので


毎日学校に通わない子も

近年では、少なくありません


そんな中、彼らの学年は

3人が毎日学校へ通い

喧嘩したり気まずくなったりしながらも


3人で卒業を迎えることができました


現代では、こどもたちの教育環境にも

社会の歪みが反映されているのは確かで


感じるべきことを感じる子が

学校へ行けなくなるのだよ

というような話も聞きます


しかしそうるすと

毎日楽しく学校へ行く我が家の子たちなんかが

なんだかアホみたいに言われている感があり


そうじゃないはずだなぁと

思っていたんですが


卒業を控えた彼らの姿を見ていて

ああそうかと、納得できました


多少の不条理を、消化するパイプを

持っているかどうか


自分自身で消化できるか

家族が話を聞いてくれるか

共有できる仲間がいるか


ということなんじゃないかなと思いました

彼らは共に支え合ったんじゃないかなぁ


わからないけど


式では、日頃の練習の成果を発揮し

呼びかけもノーミス

終始立派な姿を見せてくれました


新品のスーツもあったのに

なぜが頑なに、中学校の制服を着て式に出て


そうかぁ

中学校に憧れが強いんだなぁ


身近なお兄さんたちの卒業の姿や

中学生になってからの生活を見ているから

新しい世界への憧れが膨らみやすい


それは

保育園に上がった時も

小学生になったときも

そういえば同じでした


心配より憧れがあることはいいことです

末っ子、すばらしい


式では

在校生を含めたこどもたちの歌声に胸を打たれ


こどもって育つなぁ

こどもって尊いなぁ

こどもって素晴らしいなぁ

こどもって本当にありがとう


先日中学校で聴かせてもらった100人の

学年合唱もすばらしかったけれど


この小学生の声が重なる合唱はまた

それと違うところがふるえます


これで我が家には小学生がいなくなり

小学校とは縁遠くなるんだなぁ

ちょっとさみしい


時は過ぎていきますね

春からがまた楽しみです

最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comentários


bottom of page