別荘呼ばわりですが本邸です


あんまり楽しかったので

年末のことうを少し。


年末は福島の自邸で

二泊三日のスキー合宿。


分水嶺からわずかに日本海側

標高高めの豪雪地帯です。


ここ数年そんなに雪もなく

正月は地元のスキー場さえ

オープンしない程だったのに


今年は麓で既に積雪しており

上ってみると圧巻の積雪


ほほう、懐かしい

そうだそうだった

ここはそういう場所だった。


えらい寒い、雪がすごい

街が遠い、人がいない


オーストラリア風に言うと

人よりカメムシの数が多い。


カメムシが多い年は雪が多い

この辺りの通説ですが

なるほど当たっています。


カーテンを開けて、パラパラ

襖を開けて、パラパラ

押入れを開けて、パラパラ


あちこちの隙間で

越冬している彼らが降って来て

床に乾いた落下音。


くさいくさい

大騒ぎ。


カメムシ駆除作業は

力仕事にも台所仕事にも

招集されない、いねの仕事。


ううーって言いながら

せっせとビニール袋に貯めてくれて。


順調にやってるなーって

思っていたら

向こうの部屋から

「これはさすがにきもちわるいー」


助けを求めるでもなく

聞こえて来た心細そうなつぶやきに

夫人たまらず駆けつけると


あーこれねー

襖に、もちろん垂直面ですけど

10匹くらいずつ身を寄せ合って

黒い塊になっており、それが数カ所。


そこは大人がビニール袋で

がさー。秒殺。


なにかと楽しい羽鳥の自邸。

小さく不便で愛くるしいです。


楽しいことがいっぱいだったのに

カメムシのことしか書けてない。


27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi