丹田で花咲かす女子

この頃

近所のお友達と

楽器を吹いて遊んでいます。


そのお友達と

どんと焼きの火を見ながら

話したことは


丹田について。


どうやったらもっと音は響くんだろう

という問いから

声楽とかやってみるか、とか

舌の使い方はどうだとか

呼吸と重力の本が出たよ、とか

言ってたんですが。


最終的には

やっぱり丹田に帰ってくるんだよ

という結論で。


丹田ねー。


だいたい丹田って何。

調べると、生命の気をためておく空間

だそうで。


臓器じゃないから

人の身体を解剖しても出てこないそうです。


解剖して出てこないものは

ないのと同じ、ということで

西洋医学では丹田なんてないそうで


東洋医学的な考え方のようです。

やっぱり、「気」とかそっち系。


ふーん。


丹田好きは世の中にたくさんいて

「丹田ブログ」とかもあったし

本もたくさん出ているみたいですが。


丹田を鍛える方法


え?鍛えられるの??

丹田を鍛えて腹筋を6つに割る方法

だそうで。それはどうでもいい。


筋トレとかダイエットとか

そこらへんに紐づくようです。


臍-丹田-肛門は直線状に位置するため

肛門を締めれば丹田に力が入るそうで


じゃーお尻なんじゃん?


お尻と丹田と

呼吸と重力

さぁ私たちの音は響くようになるのかどうか


まずはお尻から。






23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi