top of page

タイヤが本気を出せばパンクはしない

今日は3月11日

8年前のこの時

私たちは福島の山の中で暮らしていて


私自身は、峠の下に出掛けていて

この時を迎えました。


待っても余震が収まる気配がないので

意を決して帰路につくのですが


辿り着きたい我家、山の上ですから

一本道の峠を20分程上る他なく


峠の状況などは一切わからないけれど

帰りたい、帰らなくちゃ。


峠の入口でしばらく張ると

一台の車が降りて来て

車が通れるらしいことがわかり。


途中で死ぬか、死なないか。


それは、わかんない。

やってみないとわからない。

でもやるしかない、帰るしかない。


峠に向かって発進したすぐ先に

普段ならあり得ない地割れの段差がありました。

それを躊躇なく踏み越えたあの時の私は

もう狂っていた、と思い返します。


私を一変させた、世界の割れ目

この日この時。


毎年この日のこの時刻が近づくと

あの日踏み越えた地割れを思い出します。


とうに踏み越えた割れ目が

どんどん遠くなっていっているはずなのに

今年は町のサイレンを聞いて胸がいっぱいです。


なんだよー

もー



最新記事

すべて表示

写真は5年分齢をとってました

先日、運転免許証の更新手続きをしてきました なんと 今回、生まれてはじめての ゴールド免許 自覚的に そんなに優良なドライバーではないと思うのですが くれるよというなら もらっておきます、ゴールド免許 私が今乗っているかわいいエブリは (スズキの「軽っぱこ」といわれるやつです) なんだかべこべこで んー ひとつひとつのキズについて思いかえせば あー確かにー 台風の次の日にぶつけたなー、とか 草刈機

42歳モデルデビュー

私はスナンタ製作所のなんでもやですが この頃は、そのなんでもの範囲が広がっていて 今日はついに モデルになりました ただ モデル、兼、カメラマン 三脚を立て、シャッターを押し 急いでスツールに腰掛け、くつろいだポーズ! ネックレスやピアスをつけ あっちむいたり、こっちむいたり 顔がやっぱいアレなんだ、下を向いたり 全部、ひとりです シュールな光景です でも わざわざ誰かにモデルを頼んでも もたもた

もうすぐ焚火

髪を結ぶ娘と ネクタイを結ぶ息子が交差する朝 なんだみんなおおきくなたなぁ 気づけば私は 「母」でいなくてはならない時間が だいぶ減っています 「母」でない時間、一体私は何なのか それは「私」です 「母」も「私」ではないのかと 若林によく言われますが それは違うんだな❤︎ そうやって 捨て身で母業を担ったことが よかったのか、よくなかったのか 今となってもよくわからないのですが 私の不器用さと、性

Comments


bottom of page