top of page

ちっちゃ4瓶

先日、いねの体調が長引いたときに

ちょうど週末だったので病院にも行けず

友人たちに、こんな時どうしてる?!

と知恵を請いました。


すると

みんな口を揃えて

「梅肉エキス」と言うのです。


梅肉エキスとは、一般的なんでしょうか

このあたりでは、ポピュラーな代物ですが

私は山梨に越してきてから知りました。


青い梅の実を、すりおろして絞り

その汁を黒くドロドロになるまで煮詰めます。


何にでも効くと聞き

私も数年前に一度だけつくったことがありました。


味はこっぴどくすっぱくて

もちろん薄めて飲むんですが

鬼まずいので、うちでは鬼エキスと呼ばれています。


しかし今回のみんなのご助言によれば

美味しいと思える味にしないと効かないよ?!だそうで。


え?!

身体が欲する味に調整するそうです。

醤油を加えたり、黒糖やはちみつで甘みを足したり


今回は、黒糖が苦手ないねがお相手だったので

はちみつでたっぷり甘みをつけてあげると

「美味しいっ♪」

鬼エキスが美味しいなんて嘘みたいっ!


梅肉エキスの正しい使い方を目の当たりにしたところに

ちょうど青い梅が大量に届き。

よし、これはやるしかない流れだなと解釈し腕まくり。


でも大変すぎるのは難ですから

マジックブレッドで手抜きです。


いや、それにしても。

それにしてもそれにしてもそれにしても

量が量だったということもありますが

もう本当、延々剥いて、延々回して、延々絞って

そして延々煮詰めて。


それはそれは大変な作業。

やっている途中に思い出しました。


一度だけつくった数年前

うっそみたいに大変で

そして、うっそみたいにちょっとしかできなくて。


これはもうつくるもんじゃなーいっ!!

っと思ったんでした。

忘却の生き物ですからね、喉元過ぎれば忘れます。


ちょっと後悔しながらも

本を読みながら、延々煮詰めて。

まぁいいか、こんな日曜日も

と思っていたんですが。


夜になると、瞼がヒリヒリして悲しくなるほどに

なんだろうこれ・・・

もしかして、延々煮詰めた酸性の蒸気?!


瞼を犠牲になりましたが

これから数年分の家族の健康は

この梅肉エキスで保障されることでしょう。


よーし。
















最新記事

すべて表示

しゃもじ、燃える

今日は、唐辛子職人 からっからまで干し続けていた 真っ赤な唐辛子たちを チョキチョキ切って 種を出し、粉砕しました これがなかなかの量で 半日仕事 しかも 唐辛子を触った手が凶器! 目を掻いたり鼻の下を触ったら ヒリヒリして大変です こんなに大量にこの作業をしたのは 今年が初めて 昨年から食べるラー油をつくるようになり 赤唐辛子をたくさん使うのです 食べるラー油は 砂垈のくるみと砂垈の柚子を入れま

ヘラルボニーの動画

昨日、提出関係が片付いたので 今日はおやすみ! 朝ゆっくり寝ると 早起きのこどもたちが部屋を暖めて ご飯を炊いていてくれます しあわせ この頃、週末は 朝の家の仕事を分担しています 部活もなく、出かけない子どもたちで 洗濯物の片付けと食器洗いを分担してもらい (干すのは私) とてもハッピー 子どもたちももう大きくなったので みんなで生活しているのだから みんなで分担しましょうよ、ということを 少し

食中毒の勉強

ブログはいいですね 再開して痛感しています 今のところ 誰に読まれるでもない感じで とても自由です しかし 自分のためだけに毎日書けるかというと そうでもないので このフォームがとても好ましいです SNSのように写真も必要ないし 誰かのスマホに差し込むわけでもなく 読みたい人がこちらへ訪れてくださるものなので 分量も更新頻度も、自分勝手で大丈夫 先日、数年ぶりに会った友人が言ったのです 「文章は書

bottom of page