top of page

その後、足元が気になる

頭にムカデが落ちてくる

という経験をしました、今日


今日っていうか、今


山のムカデって

かわいいサイズもいますが

基本的にはかわいくなくて


恐竜の末裔であることが

まずまちがいない


という風貌の者たちです


私は特別虫が平気な人間ではないですが

ひとりきりの時に出会った場合は


自分の身を守ることのほか

仕留めることも即座に考えます


だって

家の中でまた出逢うのが嫌ですから


必殺の道具ピコ太郎(※)は手元になく

取りに行く間に見失うこと必至なので


近くにあった傘を掴み

がしがししますが


そこは、あれです

隙間だらけの我が家ですから


なぜそこに?

という場所からムカデは消えていきます


見えない隙間があるんですねー

どうしようもありません


ムカデと私は

だいぶ違った生物同士ですが


互いにかなり近い地域を共有して

生息しているわけで


落としどころ

というのを見つけることが平和です


完全に出ていけとか

全滅させるとか

そういうことではなくて


たまに頭に落ちてくるストレスや

急に傘を叩きつけられるストレスを抱えながら


互いになんとなく、共存します


さまざまな異文化の住人と共に暮らす、山暮らし

超、多様性








以上、PC作業中に頭にムカデが落ちてくる暮らしを

精一杯美化した場合のお話でした


事実自体は

とんでもないことでまちがいありません



※私がみつけた這う虫用の必殺道具はこちら

 本当の名前はぴた郎ですが

 我が家での呼び名はもちろんぴこ太郎です

最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comments


bottom of page