くるくる詐欺

ここ数日、帰ってくる帰ってくると言い

なかなか帰って来ない若林。


帰ってくるくる詐欺っ♪


面白いねー

帰って来ないだけで面白い。


今日は帰ってくるというので

多分、帰ってくるのでしょう。

(連絡ないけど)


若林がいない日々は

みんなにとって非日常で。

私が緩んでるのも見て取れるようで

こどもたちもだらだら私に絡みます。


昨日、早帰りだった小学生は

夕方いつもより時間があって

もっちゃんが急に

「ぼく今日オムライスつくっていーっ?」


んー。

まぁ今日は誰も夜出掛けないし

急いでないし、いいよ。


私は晩御飯をつくるのが好きですから

そこを奪われることに基本あまり喜びません。


でもやりたいっていうこのタイミングを逃しては

もったいないので

「つくって、つくってーっ♪」とのってみることにして。


もっちゃん、この頃焼きめしはよくつくります。

油の強い肉料理をつくったあとのフライパンで

その残り汁とご飯を合わせて炒めてくれます。


これが毎度美味しくて、好評。

得意になって、本編を食す前に既に台所に立っちゃうくらい。

「いやいや、まず私の作った本編を食してよ」

やる気をなだめるのが大変です。


あーだこーだと言われるのが嫌だろうから

私は本など読んでいて

もっちゃんの質問にだけ答えるようにして。


生焼けになるのがいやだから、肉はなし。

と言ってたんですが、なんか彼が本気っぽいので

肉、容認。


「お肉は切ってーっ♪」というので

切って下味をつけるところはお手伝い。


その後

「ニンジンが大きいと思います」と意見を述べるくらいで

あとは、もっちゃんの傍で補助に徹しました。


炒め始めると

美味しそうな臭いに、家中の全若林が集合。

みんなの羨望を受けながら、もっちゃんが炒めます。


私がトイレに行っている隙に

ご飯も勝手に投入されるほど、もっちゃん主導。


味付けももっちゃん。

盛り付けももっちゃん。

もっちゃんっ!!


そしてこの、なぜかなんとも

美味しいことの、この上ない喜びとしあわせ。


もっちゃん、おいしいよーっ!!

すごいね、つくれるんだねっ!


みんなの絶賛を受け、満足もっちゃん。

これは紛れもなく彼の成功体験となったであろう。

よしよし、しめしめ。



10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。 今日1日のことを考えながら上っていると 最後の山道で、登校中の小学生に逢うのです。 もちろん、うちの小学生のおふたり。 その、思っても見なかった遭遇に

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって もう好きなだけいじくり回せるのです。 ああ、買ってよかったMacBook。 昨年、MacBookを買って Macデビューです。 今も、一応メインはWi

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み