くるくる詐欺

ここ数日、帰ってくる帰ってくると言い

なかなか帰って来ない若林。


帰ってくるくる詐欺っ♪


面白いねー

帰って来ないだけで面白い。


今日は帰ってくるというので

多分、帰ってくるのでしょう。

(連絡ないけど)


若林がいない日々は

みんなにとって非日常で。

私が緩んでるのも見て取れるようで

こどもたちもだらだら私に絡みます。


昨日、早帰りだった小学生は

夕方いつもより時間があって

もっちゃんが急に

「ぼく今日オムライスつくっていーっ?」


んー。

まぁ今日は誰も夜出掛けないし

急いでないし、いいよ。


私は晩御飯をつくるのが好きですから

そこを奪われることに基本あまり喜びません。


でもやりたいっていうこのタイミングを逃しては

もったいないので

「つくって、つくってーっ♪」とのってみることにして。


もっちゃん、この頃焼きめしはよくつくります。

油の強い肉料理をつくったあとのフライパンで

その残り汁とご飯を合わせて炒めてくれます。


これが毎度美味しくて、好評。

得意になって、本編を食す前に既に台所に立っちゃうくらい。

「いやいや、まず私の作った本編を食してよ」

やる気をなだめるのが大変です。


あーだこーだと言われるのが嫌だろうから

私は本など読んでいて

もっちゃんの質問にだけ答えるようにして。


生焼けになるのがいやだから、肉はなし。

と言ってたんですが、なんか彼が本気っぽいので

肉、容認。


「お肉は切ってーっ♪」というので

切って下味をつけるところはお手伝い。


その後

「ニンジンが大きいと思います」と意見を述べるくらいで

あとは、もっちゃんの傍で補助に徹しました。


炒め始めると

美味しそうな臭いに、家中の全若林が集合。

みんなの羨望を受けながら、もっちゃんが炒めます。


私がトイレに行っている隙に

ご飯も勝手に投入されるほど、もっちゃん主導。


味付けももっちゃん。

盛り付けももっちゃん。

もっちゃんっ!!


そしてこの、なぜかなんとも

美味しいことの、この上ない喜びとしあわせ。


もっちゃん、おいしいよーっ!!

すごいね、つくれるんだねっ!


みんなの絶賛を受け、満足もっちゃん。

これは紛れもなく彼の成功体験となったであろう。

よしよし、しめしめ。



8回の閲覧

最新記事

すべて表示

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

5月30日

そうだ。 先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際 買い物を終え店を出て 左右を確認して駐車場内の通路を渡り 車に乗り込みました。 そのまま、帰宅の予定だったので 駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで 通路に何かが落ちている。 もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。 でも、見るともなく見ていたような その落とし物 視界で鮮明に あれ?はっきりしてくる 「あっ!!私のお財布っ

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi