おいしく登校

gotoで県内近場に家族で1泊。

何にせよ、そんな余裕はないんですが


タイミングと勢いで予約を入れて

入れたらもうこっちのもんで

そういうものとして予定ができていくわけで

見事、行ってこれました。


みんなで泊まって、出した金額は

ほんのちょっぴり。

なんだこれ。


腑に落ちない感じですが

まぁいいや、流れにあやかって。


この1泊の保養に一番浮かれていたのは

おそらく、私で。


こんなに全力で家族のお出掛けが楽しめるなんて。

「ホテルに泊まる時ってさー

 食材とか持ってかなくっていいから楽❤︎」


我が家、外泊といえば福島の自邸。

自炊なので、圧力鍋とか食材、調味料

想像力フル回転であれもこれも持参します。


それが、今回は自炊なし❤︎

本当にただ泊まって帰ってくるだけなので

誰かにお土産、とかも考えなくてよし❤︎


そしてなにより

子供たちが、自分の分は自分で荷づくり。

私は自分のものだけ詰めればよくて。


はぁぁぁぁ、こうなったらもう

私、らくちーん❤︎


子供たちの服や下着や靴下

暑いかもしれないし、寒いかもしれないし

汚すかもしれないし、とか考えなくってよし。


おとなになりました、うちの子どもたち。


この1泊の中でも

かわいい彼らの姿と一緒に過ごすこの時代を

かみしめるような気持ちでいて


尊いなぁ。

子どもが、子どもと過ごす今が。

流れた時の量に、気づき始めた40才。

いい旅でした。


11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。 今日1日のことを考えながら上っていると 最後の山道で、登校中の小学生に逢うのです。