top of page

おいしく登校

gotoで県内近場に家族で1泊。

何にせよ、そんな余裕はないんですが


タイミングと勢いで予約を入れて

入れたらもうこっちのもんで

そういうものとして予定ができていくわけで

見事、行ってこれました。


みんなで泊まって、出した金額は

ほんのちょっぴり。

なんだこれ。


腑に落ちない感じですが

まぁいいや、流れにあやかって。


この1泊の保養に一番浮かれていたのは

おそらく、私で。


こんなに全力で家族のお出掛けが楽しめるなんて。

「ホテルに泊まる時ってさー

 食材とか持ってかなくっていいから楽❤︎」


我が家、外泊といえば福島の自邸。

自炊なので、圧力鍋とか食材、調味料

想像力フル回転であれもこれも持参します。


それが、今回は自炊なし❤︎

本当にただ泊まって帰ってくるだけなので

誰かにお土産、とかも考えなくてよし❤︎


そしてなにより

子供たちが、自分の分は自分で荷づくり。

私は自分のものだけ詰めればよくて。


はぁぁぁぁ、こうなったらもう

私、らくちーん❤︎


子供たちの服や下着や靴下

暑いかもしれないし、寒いかもしれないし

汚すかもしれないし、とか考えなくってよし。


おとなになりました、うちの子どもたち。


この1泊の中でも

かわいい彼らの姿と一緒に過ごすこの時代を

かみしめるような気持ちでいて


尊いなぁ。

子どもが、子どもと過ごす今が。

流れた時の量に、気づき始めた40才。

いい旅でした。




最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

コメント


bottom of page