棟札

先日泊まったホテルにて。

夕食があまりに美味しくてはしゃいだ、いね。

たくさん食べてお食事を楽しみ尽くした末

「わたしはこれでごちそうさまにする❤︎

 もうあげてください❤︎」


そう言って嬉しそうに両手を軽く上げ。

??


一瞬の沈黙の後

「それ、もしかして『下げてください』じゃない?」


「あーそれだぁ❤︎」


言い間違いが、尊い。


ちなみに先日は、公園で座っていて

「私このさばくでお昼寝したーい❤︎」

それ『しばふ』、芝生です。


さて。

友人の蔵の修復を手伝っています。

近々、市の指定文化財になるそうで

立派なお蔵。


私たちの仕事は

うち壁の修復、建具の新設、電気工事。

壁の補修は、清掃と下地の補修、下塗りで

数日に分けて作業だったんですが

何度目かに現場に赴いた際に

ふと気づいたこと。


学生の頃、古い建物の修繕に携わる仕事がしたかった

ということで


そのために、建築史の研究室に所属し

卒業研究も古色の再現に関する論文を

書きました。


就職も、社寺仏閣の新築や修復も

やっている会社に入り。

でも最初に配属されたのは

住宅リフォーム部で


そうこうしているうちに

退職して木工房。


家具をつくって、子どももつくって

産んで育てて


日々と仕事に追われて15年も経って

夢なんて、すっかり忘れていて

本当、危うく気づかないところでしたが


今回の、この仕事は

紛れもなく、私がやりたかった類の仕事。


ほうほう❤︎


若かりし頃には、うまくいかなかったし

もうずいぶん遠のいてしまった気が

していたのに


周り回って、叶うこともあるんだなぁ。

じーんとくる。


夢じゃなかったしあわせが

今の私のまわりにはたくさんあって


その上!その頃の夢まで叶うなんて

ついてるなぁ、ついてる❤︎


6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

グッジョブ、春

前回、若林の夜明けの件を書きましたが もう少し書かせて下さい。 いやあまりにも 世の中うまく回っているなぁっと 思えて止まず。 思い起こせば、今年の春。 2ヶ月の休校下、家の仕事を子ども達と くる日も来る日もこなし 彼らのパワーと魅力に気づかされ それがお互いさまだったのか知れませんが 彼らとの信頼関係がこの頃を機に 厚くなった感がありました。 同時にこの頃、時間があったので 数年ぶりにヨガを再開

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi