棟札

先日泊まったホテルにて。

夕食があまりに美味しくてはしゃいだ、いね。

たくさん食べてお食事を楽しみ尽くした末

「わたしはこれでごちそうさまにする❤︎

 もうあげてください❤︎」


そう言って嬉しそうに両手を軽く上げ。

??


一瞬の沈黙の後

「それ、もしかして『下げてください』じゃない?」


「あーそれだぁ❤︎」


言い間違いが、尊い。


ちなみに先日は、公園で座っていて

「私このさばくでお昼寝したーい❤︎」

それ『しばふ』、芝生です。


さて。

友人の蔵の修復を手伝っています。

近々、市の指定文化財になるそうで

立派なお蔵。


私たちの仕事は

うち壁の修復、建具の新設、電気工事。

壁の補修は、清掃と下地の補修、下塗りで

数日に分けて作業だったんですが

何度目かに現場に赴いた際に

ふと気づいたこと。


学生の頃、古い建物の修繕に携わる仕事がしたかった

ということで


そのために、建築史の研究室に所属し

卒業研究も古色の再現に関する論文を

書きました。


就職も、社寺仏閣の新築や修復も

やっている会社に入り。

でも最初に配属されたのは

住宅リフォーム部で


そうこうしているうちに

退職して木工房。


家具をつくって、子どももつくって

産んで育てて


日々と仕事に追われて15年も経って

夢なんて、すっかり忘れていて

本当、危うく気づかないところでしたが


今回の、この仕事は

紛れもなく、私がやりたかった類の仕事。


ほうほう❤︎


若かりし頃には、うまくいかなかったし

もうずいぶん遠のいてしまった気が

していたのに


周り回って、叶うこともあるんだなぁ。

じーんとくる。


夢じゃなかったしあわせが

今の私のまわりにはたくさんあって


その上!その頃の夢まで叶うなんて

ついてるなぁ、ついてる❤︎


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

カスタム

気づけば3月。 雛人形をしまおうしまおうと思いつつ あああ 今日はそのままで出かけてきてしまいました。 (本日も田富のガストです) いねちゃん、行き遅れますか。 今日は、朝練の長男を送り ガソリンスタンドに寄ったので 帰り道はいつもと違うルート。 今日1日のことを考えながら上っていると 最後の山道で、登校中の小学生に逢うのです。 もちろん、うちの小学生のおふたり。 その、思っても見なかった遭遇に

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

毎回ほうれん草

ガストにて、今日は ブログを連投していますが こんなことをしている場合なのか どうなのか。 2月ですから 確定申告の用意を進めたいところです。 (今年は年末にだいぶ 整理を進めたので多分大丈夫) 来週から展示会が始まるので パッケージや、アクセサリーの組立て 作品ファイルの整理、プロフィールパネル キャプションも作るし 節の指輪のサイズ表示を始めようと思っていて だからまず、ゲージ棒を注文しないと