top of page

撃沈丸

吹奏楽コンクール山梨県大会が終わりました。

今年は銀賞を受賞です。


え?銀賞すごいじゃんっ!!

と思われがちですが


吹奏楽コンクールは

全出場団体が、金銀銅各賞に割振られる形式なので


銀賞はつまり

金賞でもないけど、まぁ銅賞でもないよ

という賞です。


今年の本番での演奏は

ちぐはぐ感がヒリヒリと感じられ

うわーっと思っていて


どこかで巻き返さなければっ!

と思って思って思って思って

本番が終わった感じでした。


「いざとういう時には、いつもやっていることしかできない」


本番直後、以前読んだ本にあったその言葉が

ふと頭に過り

ああその通りだー


吹奏楽は、60人で息を合わせる競技。

その難しさを今更、痛感しました。


みんながひとりの音を聴き

ひとりがみんなの音を聴き

そこに乗り合わせて進んで行くんですが

今回はうまくいきませんでした。


つまり

みんなの緊張がひとりを揺さぶり

ひとりの緊張がみんなを揺さぶるわけです。


練習の時は、もっといい演奏が出来ていたのに

こんなこともあるんのだなぁ。


結局は詰めが甘かったのだと思います。

甘かったから緊張に押されてしまったのです。


そして

どこかで巻き返さなければ、という邪心。

そんなものを持ちながら

曲の世界を歩けるわけがないのです。


無心で、曲を演奏を楽しんでも

要所を抑えてこなせるほどに

摺りこむように練習を重ねなくちゃいけないのでした。


って言ってもね

出来ることしか出来ないことに、納得もしていて。

プロじゃないから。

こんな年もあるよー、ぐらいで。


いつも金賞、というわけにはいかないけれど

それでいいのよ、とも思ってます。(内緒)


でも、みんなで長いこと丁寧に練習してきたこの曲を

演奏した最後の演奏の出来がアレだったかと思うと


それが何より残念で

結果より演奏自体が残念、とても。


次は、定期演奏会が12月。

第10回ですってよ。







閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私、今新しい車がほしくって というのも、むこう10年の行動範囲を考えた時に ひとりで長距離移動ができたいなと思うからで 今の軽ワゴンだと 風にも煽られるし、そもそも軽なので あまり高速運転が気持ち良くありません 普通車のー 見通しが効いてー 自転車が2台載せられてー ドアが重くなくてー 小回りが効いてー へこんでなくてー ??? 新しい車が欲しい、本当の理由は 先日、すごくへこませてしまったからで

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

bottom of page