top of page

いいね!

税理士さんからたくさんメールがきます

電話もきます


私はこれまでの人生で

たくさんの人に、たいていの人に

許されて生きてきました


過去私をゆるしてくれなかったのは

警察の人だけだったのに


それに加えて

そっかー、税理士さんていうのも

結構厳しいんだなー


ゆるしてくれないんだなー


あーー

と思っています


さて

富士川町には、朗読発表会という催しがあり

コロナの数年をのぞいては

毎年開催されています


学校を通してプリントとしてやってくる

各種お誘いに対して


「やる?」

と問えば


たいてい

「やる」

と答えていた過去の次男


それに憧れて娘も

その翌年から参加


娘はそれ以降、休まず毎年参加しています


(発端となった次男は

 一度きり参加して終わりました)


低学年から参加して

数年のコロナ休みがあったので


数年ぶりの今年

朗読発表会


ろくに練習している場面も

見ていなかったのですが


みんなの前で本を広げ

笑顔を浮かべながら読む姿は


ずいぶん大人になったなぁ


「朗読発表会」というのは

読む人が主役なのではなくて


読む人は、作品を紹介する役目であり

主役は「作品」


ね?おもしろいでしょ?


と言わんばかりに

うれしそうに、楽しそうに

ほかの参加者さんも読んでくださいます


その雰囲気が

今年の娘からも立ち上っており


たくさんの人の前で読むことに

ただ緊張していた昔の彼女とは


まったく違った空気がありました


そこで読んだ本が

「いいね!」


彼女自身の名前にとても近いこの言葉

こんな本を選ぶところも


ね?おもしろいでしょ?


っていうような

楽しさを施す側の感じがあって


なんだか器が大きいです

素敵な彼女、もうすぐ小学校を卒業です

最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comentários


bottom of page