5月2日

恐らく今シーズン最後の製材を

昨日してきて


持って帰ってきたクワノキ達を

子ども達が皮を剥きます。


このスナンタの隣の集落の木で

依頼があって切りました。


伐採と製材は

この折に配慮して、立ち会えずでしたが


過酷な搬出を手伝った次男は

「皮は僕に剥かせてね!!」

っとまで言うのです。


たーのもしー

ありがとーっ♪


さて

私たちが暮らす集落、スナンタは

街から車で5分上った山の中腹で


町内の人でも

「スナンタは行ったことがない」

と言われることが多いほど


特別何もないし

何処かへの通り道ですらないのです。

(そこもスナンタの可愛らしいところ)


だから車通りなんていうのも

メインストリートですら

そんなにないんですが


緊急事態宣言出された頃からか

ぼちぼち増えている気がします。


山道途中で

木陰に駐車しているワンボックスも

何台か見かけます。

(そんなこと普段はないです)


みんな町内ドライブしてるんだなぁ❤︎


ドライブして帰ってくるだけなら

ノーリスクですからね。


そして

こんなとこに住んでる奴いんのかなぁ

「うわ、いたっ!」

って思われているなぁ。


今日は窓を開け放っていて

そのそばに座っていたら


なんか轟音が聴こえてきて

ずんちゃかずんちゃか

なにか音楽のようなものと

車のエンジン音と共に近づいて

そして遠ざかって行きました。


多分ね

窓開けて、すごい大きい声で

車の中で歌ってたっ♪


あんな大きい声で歌うの

聴こえたの初めて❤︎


はっずかしいなー、と思いつつ

私本当に絶対気をつけよう、、、

と思いました。


みなさんもどうぞお気をつけください。

聴こえてますよー❤︎

最新記事

すべて表示

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

6月1日

今日は落ち込んでいます。 落ち込むつもりの日ではなかったんですけど 指が痛いのです。 午前中、ため込んだ申請関係をはしごで処理し 気分よくネパールカレーを食べ(3か月ぶりの外食っ!) そのまま食材の買い出しへ向かいまして。 買い物も数軒はしごの予定だったのですが 一軒目が終わり、後部座席に荷物を置いて スライドドアを閉めた時に なんか締まってない感触 ↓ なにか挟まってる ↓ え、指っ? ↓ なん

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi