孵化日和

夕方、ばたばたと忙しい台所に

遠く縁側で宿題中のもっちゃんの声。


も「おかーさーんっ!」

私「なにー!」


も「ちょっと来てーっ!!」

私「やだーっ!」


も「だってさー

  たまごがかえったーっ!」

私「はー?なにのーっ!


も「かまきりーっ!」

私「あーそーっ!」


も「たまごはどこにあるかわかんないんだけどー

  かまきりがいっぱいーっ!」


・・・!?


私「えっ!?もしかして家の中っ!?」

↑すでに駆けだす。


も「そーっ♪」


見ると縁側に

5ミリくらいのカマキリ、いっぱい。

いっぱい、いっぱいっ!


「おかあさん30匹くらいはいるっ♪」

冷静に数えて誇る中学生。


なんだっておもしろいことが起こるよね。

毎日毎日おもしろいよね。

長年山で暮らしているけど

かまきりの里親になったのは初めてだよ。


こんなに固まっていたってことは

きっと今日が巣立ちの日だったのでしょう。

おめでとう、でもさようなら。


運よく縁側だったので

ほうきでほいほい掃かれてお終い。


しかしカマキリだったからまだいいです。

これがあんなものやこんなものだったら・・・

いやだなー。


山暮らしってたまに、本当に

「ギリギリだな」って思う。