top of page

孵化日和

夕方、ばたばたと忙しい台所に

遠く縁側で宿題中のもっちゃんの声。


も「おかーさーんっ!」

私「なにー!」


も「ちょっと来てーっ!!」

私「やだーっ!」


も「だってさー

  たまごがかえったーっ!」

私「はー?なにのーっ!


も「かまきりーっ!」

私「あーそーっ!」


も「たまごはどこにあるかわかんないんだけどー

  かまきりがいっぱいーっ!」


・・・!?


私「えっ!?もしかして家の中っ!?」

↑すでに駆けだす。


も「そーっ♪」


見ると縁側に

5ミリくらいのカマキリ、いっぱい。

いっぱい、いっぱいっ!


「おかあさん30匹くらいはいるっ♪」

冷静に数えて誇る中学生。


なんだっておもしろいことが起こるよね。

毎日毎日おもしろいよね。

長年山で暮らしているけど

かまきりの里親になったのは初めてだよ。


こんなに固まっていたってことは

きっと今日が巣立ちの日だったのでしょう。

おめでとう、でもさようなら。


運よく縁側だったので

ほうきでほいほい掃かれてお終い。


しかしカマキリだったからまだいいです。

これがあんなものやこんなものだったら・・・

いやだなー。


山暮らしってたまに、本当に

「ギリギリだな」って思う。











































最新記事

すべて表示

誰もいないよるのできごと

じゃがいもが入ってきたので カレーをつくります 飴色玉ねぎをみて、娘 「たぬき色・・・・」 本当に冗談みたいなボケを 素でしてくる女子(中1) ここに書くのもちょっと恥ずかしい ※正解は「きつね色」です さて 夜、子どもたちが寝てから 居間でパソコンをいじっていると カサカサ、カサカサ 壁の中かなぁ 何かいるなぁ カサカサ、カサカサ 1時間くらい それを気にしながら作業をしていて カサカサ、カサカ

足湯がはしご

昨日から 娘が修学旅行に行っています もともとは秋に予定されていた修学旅行 わくわくどきどきが膨らんでくる出発数日前に 身体が痛い と言って帰宅した長男 翌日コロナ感染が発覚 修学旅行を数日後に控えた娘を なんとか守ろうと別宅で生活するも あえなく感染 修学旅行、絶望 と思いきや 町内であまりに急速に感染が拡大し 修学旅行自体「延期」が決定 喜んでいいものかよくないものか 表向きはそんな気持ちです

豆まき

なんだかばたばたした金曜日 夜、習い事にでかけるいねが 靴を履きかける頃に 「あ!豆まき!!」 若林の気づきが降りてきて もう時間もぎりぎりだけど 豆まきはしないわけにはいきません いねちゃん、ちょっと遅刻してもいい? 「いいよ!」 大急ぎで若林が取り出してきたのは 千葉県産のおいしい落花生 これは決して、豆まき用ではなくて 千葉の方から「おいしいよ」ともらったやつで 「ねぇこれは、絶対に拾い逃し

Comments


bottom of page