孵化日和

夕方、ばたばたと忙しい台所に

遠く縁側で宿題中のもっちゃんの声。


も「おかーさーんっ!」

私「なにー!」


も「ちょっと来てーっ!!」

私「やだーっ!」


も「だってさー

  たまごがかえったーっ!」

私「はー?なにのーっ!


も「かまきりーっ!」

私「あーそーっ!」


も「たまごはどこにあるかわかんないんだけどー

  かまきりがいっぱいーっ!」


・・・!?


私「えっ!?もしかして家の中っ!?」

↑すでに駆けだす。


も「そーっ♪」


見ると縁側に

5ミリくらいのカマキリ、いっぱい。

いっぱい、いっぱいっ!


「おかあさん30匹くらいはいるっ♪」

冷静に数えて誇る中学生。


なんだっておもしろいことが起こるよね。

毎日毎日おもしろいよね。

長年山で暮らしているけど

かまきりの里親になったのは初めてだよ。


こんなに固まっていたってことは

きっと今日が巣立ちの日だったのでしょう。

おめでとう、でもさようなら。


運よく縁側だったので

ほうきでほいほい掃かれてお終い。


しかしカマキリだったからまだいいです。

これがあんなものやこんなものだったら・・・

いやだなー。


山暮らしってたまに、本当に

「ギリギリだな」って思う。











































最新記事

すべて表示

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

5月7日

毎日家にいるし わずらわしい前髪をあげちゃって おでこを出して暮らしています。 すると途端に 眉毛が気になり出し。 気になり出したら まぁ気になって気になって。 初めて、アイブロウをつくりました。 色が濃いので、粉飛びは困ります。 扱いやすさ重視でプレスドパウダータイプに挑戦。 その失敗の見事さよ。 ばりっばりにし割れて 小さなブロック状のアイブロウがたくさんできました。 ほほう。 超

5月2日

恐らく今シーズン最後の製材を 昨日してきて 持って帰ってきたクワノキ達を 子ども達が皮を剥きます。 このスナンタの隣の集落の木で 依頼があって切りました。 伐採と製材は この折に配慮して、立ち会えずでしたが 過酷な搬出を手伝った次男は 「皮は僕に剥かせてね!!」 っとまで言うのです。 たーのもしー ありがとーっ♪ さて 私たちが暮らす集落、スナンタは 街から車で5分上った山の中腹で 町内の人でも

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art