内覧会は

年度末、

彫刻や家具を納めた富士川児童センターの

内覧会が開催されました。


私たちは一家で会場に詰めて

子どもたちは黙々と

ワンピースを読み漁り

又は折紙で大作に挑み。


あっという間の数時間。

たくさんの方においでいただいて盛況でした。


この児童センターの完成に合わせて

町の広報でも若林を取り上げてくださって

知ってくださる方が増えました。


うれしいです。


山梨に来てからは

私の仕事はほとんどが内勤で

パソコンをパチパチすることが主なので

あまりお客さんとお話する機会が

なくなってしまいました。


この日のように

次から次へと作品の話をして回るなんて

とても久しぶりで

楽しかったです。


彫刻「反転の森」は

子どもたちが過ごす場所に掲げてもらっていて

森の樹々は目に見えないものを共有しているよね

みたいな

社会もそうやって繋がっていたいよね

みたいな、そういう平和な話を語っていますが。


そこには、目に見えない樹が何本も隠してあったり

逆さまに据えた樹があったりします。


明は暗かもしれないよ

暗は明かもしれないよ

悪は正義かもしれないし

正義が悪かもしれないよ。


反転は恐ろしくもあり

明るくもあり

どちらにしても、不確かなものは多いから

決めつけるのはどうだろう


というような想いを本当は込めました。


今後も入口で名前を書けば

どなたでも入館できます。


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

乾杯!

「隅っこが上手いね」 2人で黙々と漆喰を塗ります。 若林、珍しく 夫人を褒めて伸ばす方針のようです。 「隅っこの美緒って呼んでよ❤︎」 (即座) 調子に乗るまでがとても早い。 有頂天がすぐそこ。 楽しい仕事をさせてもらっています。 さて。 先月、小麦もまきおわり 畑の草も、もうそんなに伸びないので 畑仕事の時間が減り。 山のくるみももう落ちない頃合いなので くるみ仕事もひと段落しており。 仕事に割

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

5月26日

3月から続いたイベント自粛の流れ。 スナンタ製作所でも、いくつかのわくわくが 泡と消えていきました。 緊急事態宣言は解除になったもの イベントへの抵抗感は根強いかもしれず。 そんな中 うれしいお誘いをいただきました。 隣山にある「増穂登り窯」での 作陶展に若林も加え 4人展を開催することになりました。 開催はまだ先、7月中旬ではありますが 「アポイントメントギャラリー」と銘打って 完全予約制、一時

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi