top of page

免許到着

食品衛生責任者の

オンライン受講がやっと終わりました


あと10日で受講を完了してください

とお知らせをもらってから


早かった、私!


とりあえず面倒なことは終わったわけで

あとは書類やなんだ、やるだけです


こんな運びになったのは

数年前からつくっている「ゆず塩」が

この度出世しまして


少量ではありますが

「売りたい」と言ってくださる方が出たので

調べ始めたところ


オープンを控える一棟貸しの宿においても

必須であると判明し


この受講が不可避となりました


内容は、食品衛生法や食中毒について

日々料理をする私にとっては

初耳なことも少ないんですが


どんな食材にどんな細菌がつき

どんな方法でそれを防ぐのか


暮らしの中でさすがにそこまで知らないので

勉強になりました



どうやってそれを防ぐのか

ということと共に

どの程度なら大丈夫なのか


ということが本当は知りたいよね

と思ったりしました


しかしそれは

食品衛生「責任者」の勉強ではないと気づきます


暮らしの中ではあくまで

どの程度なら大丈夫なのか、というラインを

習得していくことの方が有意義


「暮らし」と「商い」の

責任の違いを認識することも

この受講の目的なのかもしれません


さて

小6娘の授業参観


この時期ですから

小学校最後の参観日です


というか

娘が我が家では末っ子なので

親にとっても最後


小学校は付き合いが長いので

あまり実感さえ湧きません


6年生はそれぞれ作文を読み

パソコンを使ってつくったクイズを出題


1年生からずっと一緒の3人ですので

(6年生は3人です)

誰かの思い出がみんなの中で懐かしく


とにかくよく笑います


ふざけるわけではなく

でもみんなの発言が自由で

とても楽しんでいる姿が


なんだか大人だなぁと思えました


授業の最後には

先生がつくってくれたスライド


6年間の写真が盛りだくさん

「音楽つきだよ♪」と先生は嬉しそうに言ったけど


それがちっとも聴こえてこないほど

終始彼女らの笑い声


スライドに出てきた入学式の写真


保育園から

小学生への夢と希望を吹き込んでもらうことに成功し

ぱんぱんに期待で膨らんだ彼女の小さな身体は


入学式の後

すっとしぼんだことを思い出しました


卒業に向け

今はげらげら笑っている彼女


その頃から6年分成長していることを考えると

不安も承知、なんでしょうね

最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Komentar


bottom of page