top of page

「たべもの」

昨日、長男のお誕生日

16歳


本人の胃の都合で

珍しく延期になりました


いつのまにか体がとても丈夫な長男は

日頃からあまり体調を崩すことがなく


安定して元気なのが常なので

ちょっとしゅんとしていると


とても心配になってしまいます

自分がやさしすぎて


母だな

と思いました


今日はだいぶ調子が戻ったようで

お粥を食べ終えたスプーンを片手に

私の正面に立ち


「たべもの」

とつぶやきました


よし、帰ってきたな食いしん坊


さて

小学校の卒業を前に

娘、はじめての美容室へ!


私がいつもお世話になっている美容室に

小学生料金があると知り


しかもかなりお得


中学生になっても

毎回美容室で切ることもないでしょうから


今のうち!!

ということで美容室体験を決めました


若林さんちでは、こどもは基本みんな

salon de mio

(つまり、切っているのは私)


お兄さんたちも一回ずつは外で切りましたが

また私のお店を利用しています


多分彼らは、髪型とかに無頓着で

どうでもいいのだと思われます


面倒なので家で切れるなら

お母さんでいーやという感じ、多分


娘本人も、うれしそうだし

せっかくいくだからなー


美容室って、ちゃんと大人の女性として

対応してくださる感じがあって


そんな対応を感じてほしいなぁという

思惑も湧いてきて


美容師さんに、娘を託し

私は退散することにしました


私は先に帰ることにしたよと、伝えると

少し心配になったようで


「何をしゃべればいいのかなぁ」


そうね、美容室ってね

案外そこが気になるよね


私はいつも同じ美容師さんにお願いするので

なかよくなって、話すかなぁ


でも話す日もあるけど

あまり話さない日もある、多分


しゃべってもいいし、しゃべらなくてもいい

堂々としていればいいんだよ


合流して後から聞くと

「何を話していいかわからなくって

 あんまりしゃべらなかった」そうで


しゃべらないことも許容してくれた美容師さん

さすがです


髪型がどうなったとか

シャンプーがどうだったかとか

そういうことより


何をしゃべったらいいんだろうって

そのことの方がよほど気になったようでした


でも

いつも私がしてもらっているように

お店の外まで見送ってもらったのでしょうから


それはなんだか

大人のようで、うれしい

最新記事

すべて表示

モミの木現場

砂垈の暮らしでは クリスマスツリーは その辺から取ってきます 山から取ってくる という程、たいそうなことではなくて 車を、ぺっ、と停めて ぱっと取ってくる感じです 夕方、食事の用意を始める前に 思い立ち、あ、もみ取ってくるね! と玄関に立ち もみの木はちくちくして痛いので 軍手を忘れないように と唱え軍手を握りしめ家を出て 現場到着、車を降りると ノコギリ不携帯 軍手だけ持って、もみの木を切りに来

吹奏楽、休団

そういえば 所属している吹奏楽団の定期演奏会が 12月の頭に終わり、ひと区切りということで 休団することにしました 数えれば 7年半も活動したようで ずいぶんやったなぁという印象です 始めた頃は、子どもたちもまだ小さくて 練習に連れていくこともあったし 夜の練習会場で、子どもたちが眠ってしまい 罪悪感でいっぱいになっり 習い事の送迎や何やらで 早退したり、遅刻したり あっちであやまり、こっちであや

男女のもち味

この季節、南天の実がとても赤いです。 私が住んでいる地域は、南天の生育に適しているようで あちこちに落ちたらしい種が あちこちで芽を出して育ち 実をつけて揺らします 気がつけば、我が家の玄関は 赤い実に襲い掛かられているように赤い!! 玄関の南天は 「難を転じる」というそうで 縁起がいいんですってよ 狂気的に難を転じる若林さんちにぴったり❤︎ さて 今日は、長男の高校の合唱祭を聴きに行ってきました

Comments


bottom of page