5月30日

そうだ。

先日、くろがねや(最寄りのホームセンター)に行った際

買い物を終え店を出て

左右を確認して駐車場内の通路を渡り

車に乗り込みました。


そのまま、帰宅の予定だったので

駐車場内の通路を徐行して出口に向かうところで


通路に何かが落ちている。

もう頭の中は帰宅後の仕事のことでいっぱい。


でも、見るともなく見ていたような

その落とし物


視界で鮮明に

あれ?はっきりしてくる

「あっ!!私のお財布っ!?」


後続もなかったのでそのまま車を停め

降りて拾い上げ、中身を確認。


あらららー自分で落としたお財布を

自分で拾うなんて、あっははーっ♪


と一応開けて中身を確認し

確信して運転席に乗り込む瞬間に


あ、これ誰かに見られていたら

拾得物横領の現行犯じゃないか。


・・・・

まぁいいか。


案の定、その後特に

警察から電話が掛かってくることも

町に私の顔写真が貼られることもないので


おそらく誰にも見られてなかったのでしょう。

よかった。


しかしあれです。

お店を出る時に、両手を消毒するために

お財布を脇に挟むんです。


それで両手をもみもみしながら

車まで歩くわけで、するっと落ちちゃうんだと思います。


他人事じゃないですよ

気を付けて、みなさんも。


さて。

今日は、久しぶりにもっちゃんが

燻製をしてくれました。


今週はやるよ、の予告をいただいていたので

数日前から塩漬けにしておいて


今日は宣言通り朝から

豚ロースの塊と、胸肉を燻してくれました。


まったく美味しいこの代物は

もっちゃん、店だせるわ。


もっちゃんが燻製肉のお店を出したら

私、隣で塩むすび売るわ。


というお決まりの便乗宣言と共に

いただきました、燻製肉、最高。


こんなに美味しいのに、とても久しぶり。

ここ数か月、もっちゃんは燻製してくれず。


今年3月、いねが誕生日にもらったホットサンドメーカー。

これがこの頃、大活躍で。


お昼ご飯もみんながいることが多かったので

しょっちゅう登場しては、いねが焼いてくれて

みんなからの喝采を浴びていました。


このホットサンドメーカーが登場するまでは

もっちゃんの燻製がダントツみんなの称賛の的だったのに。


ホットサンドのあまりの手軽さに

もっちゃん、大人げなく実は多分嫉妬していて

だからこの頃、暇があったも燻製をしてくれなかったのです。


しかし今回、やっと久しぶりにやってくれて

そして確実に美味しくて

またきっと、図に乗ってやってくれると思います。


うしし。



最新記事

すべて表示

6月1日

今日は落ち込んでいます。 落ち込むつもりの日ではなかったんですけど 指が痛いのです。 午前中、ため込んだ申請関係をはしごで処理し 気分よくネパールカレーを食べ(3か月ぶりの外食っ!) そのまま食材の買い出しへ向かいまして。 買い物も数軒はしごの予定だったのですが 一軒目が終わり、後部座席に荷物を置いて スライドドアを閉めた時に なんか締まってない感触 ↓ なにか挟まってる ↓ え、指っ? ↓ なん

5月31日

あっちからこっちから 苗が余ってるんだけどいる? とお声が掛かります。 もちろんありがたく全部いただいてきます。 私が故意的に種や苗で揃えるものと 意図せず舞い込んでくるありがたい「あぶく苗」 今日は ズッキーニとかぼちゃ、キュウリ、とうもろこし ヤロウ、カモミール、チャイブ、ひまわり 先日は インゲン、へちま、枝豆。 みんなのお陰で、今年も畑が賑やかになってきて 毎日の点呼も忙しいです、最高。

5月28日

一昨日からやっている 「暑中お見舞い申し上げます」騒ぎ。 今日、やっとひと段落です。 筆は(筆ペンですけど)いじればとても面白くて リズムというか呼吸というか それに、なんか 機嫌とか、力みとか 直通に表れてきて、愉快です。 さて。 このアポイントメントギャラリーは7月で その前に、再来週から 南アルプスの棚田がきれいな集落で 古民家マルシェが開催されます。 木で、やわらかな食器をつくっている作家

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art