top of page

5月20日

小学生の先生たちが家庭訪問。

彼らが進めた課題を見てくれます。


自分で進めなくてはどうしようもない状況に置かれ

彼らは彼らなりに

平常時より、いろいろ背負っているのかもしれず。


気が付けば

あんなに漢字嫌いだったもっちゃんが

漢字ドリルの満点を取っていたりして


ひとりでやってく力を鍛えたことは

間違いないようです。


たくさん学校を休んで

お預けになったものも多いけど

得たものも同じ分だけあるはずで。


だって

その間だって生きてたわけだから。


大丈夫、大丈夫。


さて

昨晩、夕飯ハンバーグ。


焼いている時から

既に漂ういい香り、最高。


既に他の支度は全て済み

出来たものから食している食卓へ


フライパンごと殴りこむハンバーグっ!


各人の皿に盛られ、それでいて

「待っててっ!」


肉汁にポン酢と醤油でソースをつくり

再度登場のフライパンから

既に盛られたハンバーグに注いで回ります。


おいしいおいしいおいしい

絶賛の雨あられ。


「おかわり」

美味しいと静かに食べるもっちゃん

むっつりとおかわり請求。


っていうかもっちゃん

お肉減ってないじゃん。


ソースだけでいけるくち。


「おかわりっ♪」

お肉減らない人、もうひとりいね。


お肉とソースとごはんを

バランスよく食すのは

若林と私と長男のみ。


若林の

ソースがほんの少しだけ残ったお皿をもらい

いねはそこにご飯を盛り、三杯目。


あまりに減らないお肉に

「いねお肉食べたっ!?」


「食べたよ、ほらここっ♪」

ちょこっと、ちょこーっと欠けたハンバーグ。


大事に食べてくれるのはありがたいんだけどさ

焼きたてって美味しいよ?


もう君たちはお肉がなくても

ハンバーグが楽しめるなんて無敵ね。


じゃあ、次はさ。


もっちゃんは

肉なし、ソースあり。


いねは

肉なし、ソースなし。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

娘の友達が遊びに来ました これはあまりないことで つきあいの長い彼女ですが まだ保育園の頃にお泊まりに来た以来 玄関先に何かを届けに来たりした程度で そうだなぁ、お家の中で遊んだことは なかったような気がします 小学校6年生になった彼女たちは 帰ってくるなり、向かい合って座ったと思えば テーブルにワークを広げ 宿題を始めるのですが ずっと笑っていました 「え?どこから始めたの?」 うふふふふ 「こ

若林さんちは山に住んでいるので どこに行くにもとりあえず山を下ります いつも甲府の学校まで自転車で通う長男 毎朝1時間のサイクルエクササイズ その効果により「筋肉長男」の異名を得て なかなか頼もしい存在になっています 行きは下りですから この季節は寒さとの戦い 帰りは上りですから 修行、トレーニング 電車も通っているのに あえて自転車通学を楽しんでいる彼ですが さすがに寒波でつるつるの峠道は 送っ

昨日の朝くらいから舞い始めた雪が 夜まで降り続いたようで 道路も真っ白になった今朝のスナンタ しかも快晴 教室の窓から 降る雪を1日眺めていたこどもたちは 昨日、夕方帰宅するなり スキーウェアに着替えて姿を消し 夕飯の時間に遅刻して 鼻を真っ赤にして帰ってきたと思えば 「雪合戦、く○たのしー!」 今日しかできないかもしれないから 夜雪合戦、やってきたら? 夕飯もかっこむ感じで食べ終えて 再び飛び出

bottom of page