5月20日

小学生の先生たちが家庭訪問。

彼らが進めた課題を見てくれます。


自分で進めなくてはどうしようもない状況に置かれ

彼らは彼らなりに

平常時より、いろいろ背負っているのかもしれず。


気が付けば

あんなに漢字嫌いだったもっちゃんが

漢字ドリルの満点を取っていたりして


ひとりでやってく力を鍛えたことは

間違いないようです。


たくさん学校を休んで

お預けになったものも多いけど

得たものも同じ分だけあるはずで。


だって

その間だって生きてたわけだから。


大丈夫、大丈夫。


さて

昨晩、夕飯ハンバーグ。


焼いている時から

既に漂ういい香り、最高。


既に他の支度は全て済み

出来たものから食している食卓へ


フライパンごと殴りこむハンバーグっ!


各人の皿に盛られ、それでいて

「待っててっ!」


肉汁にポン酢と醤油でソースをつくり

再度登場のフライパンから

既に盛られたハンバーグに注いで回ります。


おいしいおいしいおいしい

絶賛の雨あられ。


「おかわり」

美味しいと静かに食べるもっちゃん

むっつりとおかわり請求。


っていうかもっちゃん

お肉減ってないじゃん。


ソースだけでいけるくち。


「おかわりっ♪」

お肉減らない人、もうひとりいね。


お肉とソースとごはんを

バランスよく食すのは

若林と私と長男のみ。


若林の

ソースがほんの少しだけ残ったお皿をもらい

いねはそこにご飯を盛り、三杯目。


あまりに減らないお肉に

「いねお肉食べたっ!?」


「食べたよ、ほらここっ♪」

ちょこっと、ちょこーっと欠けたハンバーグ。


大事に食べてくれるのはありがたいんだけどさ

焼きたてって美味しいよ?


もう君たちはお肉がなくても

ハンバーグが楽しめるなんて無敵ね。


じゃあ、次はさ。


もっちゃんは

肉なし、ソースあり。


いねは

肉なし、ソースなし。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

6月1日

今日は落ち込んでいます。 落ち込むつもりの日ではなかったんですけど 指が痛いのです。 午前中、ため込んだ申請関係をはしごで処理し 気分よくネパールカレーを食べ(3か月ぶりの外食っ!) そのまま食材の買い出しへ向かいまして。 買い物も数軒はしごの予定だったのですが 一軒目が終わり、後部座席に荷物を置いて スライドドアを閉めた時に なんか締まってない感触 ↓ なにか挟まってる ↓ え、指っ? ↓ なん

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi