top of page

5月17日

先日、ファームのお手伝いのお礼でいただいたのは 跳ね出しのイチゴ、山ほど。 ファーム、有機農法なので 「病気の耐性重視の品種だから

生で食べても美味しくないよ。  ジャムにしてねっ♪」 と、いただいてきたのですが。 無論、山のようなイチゴは 生で食べ放題となり。 我家の人々のくちに次々と消えてきました。 ファームからもらってくるものは 味がぎゅっとしていて 確かに、いわゆるイチゴのような甘さはないんですが すごく美味しい、とてもぐっとくる味です。 でも、二瓶だけはジャムに。 イチゴの香り充満の家 最高。 イチゴジャムって やっぱり少し特別。 さて。 午後、若林が 子どもたちと共に、釣りに出掛け。 (スナンタよりもっと上に  彼らの愛する釣り場があるのです) 誰もいない家。 ひゃほっ♪ さて、何する。 何するって、無論 掃除。 誰もいなくなるなんて とても珍しいことだから この際を利用してやりたいことなど 掃除の他にはないのです。 玄関を掃き、物を片付け、靴を並べ。 掃除機を掛け、掛けながら片付け ファンヒーターのフィルターまで吸引。 タンスを整理 もう着なそうな服を勝手に撤収。 季節が変わったから、上着を洗濯。 充電ケーブルのぐちゃぐちゃを解消。 ふー。 存分に掃除ができるということの 快感。 そしてその後 ハンモックで本を読むしあわせ。 家が片付いているということは そうか、こんなにもしあわせなことだったのか。 ずっと誰かが家にいるこの数か月。 この心地よさをすっかり忘れていました。 散らかした人がそこにいるなら 私がやってあげるんじゃなく 当然、その人にやってもらいたいわけで アレやれコレやれと言っては 裏切られ、イライラし、片付きもせず。 こうして誰もいなくなってくれれば 黙って私が、がつがつ片付けて こんなにも気持ちのいい家になるのですよ。 だから たまには、誰もいなくなってくれ。 切に。

最新記事

すべて表示

誰もいないよるのできごと

じゃがいもが入ってきたので カレーをつくります 飴色玉ねぎをみて、娘 「たぬき色・・・・」 本当に冗談みたいなボケを 素でしてくる女子(中1) ここに書くのもちょっと恥ずかしい ※正解は「きつね色」です さて 夜、子どもたちが寝てから 居間でパソコンをいじっていると カサカサ、カサカサ 壁の中かなぁ 何かいるなぁ カサカサ、カサカサ 1時間くらい それを気にしながら作業をしていて カサカサ、カサカ

今、振武寮の件

2月になりましたが あけましておめでとうございます。 マイペースでやっています。 里帰りしない正月は だらだらしようっ♪と 張り切っていた割に 慣れないだらだらには 1日で飽き。 2日はみんなで外へ出て 露天風呂に入りました。 え? そうです、露天風呂。 若林が大量に木材を買って運んできていて。 長さ2m程度の幅の狭い薄板(スギ)なんですが これを次男が、焚火場に積み上げ始め (我家にはこの頃焚火

洗濯機にも名前をつけます

こんにちは お盆が過ぎたら少し暑さに隙ができて 爽快っ♪ 今年はたくさん汗をかき 暑い暑いと言いながらも 仕事が進まないのは気持ちが悪いので 来る日も来る日も、目の前のことを黙々と進め。 そのかわり、先のことを考えるとか 難しいことを考えるとか そういうことが後回しになりました。 洗濯機が新しくなったり (回る度に羊の出産のような音が鳴ってたので) 便器が新しくなり、壁が水玉模様に塗られたり (入

Comments


bottom of page