4月30日

玄関に糸鋸が設置されました。


若林が、本気の道具を子どもたちに

あれこれ提供してくれているようです。


子ども部屋より先に

子ども部屋の看板が出来上がっています。


看板の後は

何を作っているのか不明ですが


絶えず誰かが糸鋸の前に立っているようで

一日中糸鋸音聞こええてきます。


さて

おでこの怪我の経過観察で

病院に行ってきたもっちゃん。


おでこマスクが外され

ピタッとした透明なシートに変わっており


傷口がスケスケ。

なんとまぁ痛々しいこと


ずいぶんな大きさの傷に

ずいぶんな大きさのホッチキスが

ずいぶんにランダムに撃ち込まれており


っていうかさ


本当にホッチキス。

芯が金属。


その姿

おしりの辺りをぞくっとさせる効果あり。


それを彼に伝えると

いねに対して

「おでこビームっ!!!」


前髪を手で上げて、傷口を見せる攻撃。

長い前髪で隠れていると

見えないんですが

前髪を手で上げると、露わになるのです。


するといねが

「きゃぁぁぁぁぁぁぁっ♪」


「このぉ!おでこビームっ!!」

「きゃぁぁぁぁぁぁぁっ♪」


「お前なんてぇ、おでこビーっ!!!!」

「きゃぁぁぁぁぁぁぁっ♪」


仲いいです。

仲いいし、この様子に救われます。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

6月1日

今日は落ち込んでいます。 落ち込むつもりの日ではなかったんですけど 指が痛いのです。 午前中、ため込んだ申請関係をはしごで処理し 気分よくネパールカレーを食べ(3か月ぶりの外食っ!) そのまま食材の買い出しへ向かいまして。 買い物も数軒はしごの予定だったのですが 一軒目が終わり、後部座席に荷物を置いて スライドドアを閉めた時に なんか締まってない感触 ↓ なにか挟まってる ↓ え、指っ? ↓ なん

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi