4月29日

おとといの次男流血事件


現場にいなかったので

詳しくはわかりませんが

兄弟でいちゃいちゃしていて


「なんかぽたぽた垂れてきたから

 最初涙かと思ったんだけど

 

 俺泣いてねーし

 なんかあけーし」


という辺りでただ事じゃない事態だと

悟ったそうです


しばらく止血して様子をみたものの

結構ぱっくり開いていたそうで病院へ。


帰ってきたもっちゃんは

患部に白い大きめのガーゼを貼っていて


おでこマスク!

とわらいました。


傷口は縫ったのじゃなくて

「ホッチキスみたいので留たんだよー」


「先生がホッチキスでいくよって

 言うからさー

 頭貫通するのかと思ったよー❤︎」


おでこマスクとか

頭にホッチキスとか

暇さえあれば小ネタを仕込みます


見上げたものです。

さて

私は家庭内隔離から、ゆる隔離に

昇格しました、気が楽です。


昨日までのことで

面白かったことをいくつか。


夕方5時、ふすまの向こうから

聞こえてくる、いねの声。


「さぁてごはんつくるか。

 5時過ぎたし。」


平然とした口調のそれは

なんとも言えない頼もしさ。


子どもたちと若林で分担があるようです。

そんなこんなで出来上がった食事が

隔離家の窓の向こうに

届けられます。


窓は東を向いて

今朝届けられた納豆ご飯は

朝日に輝いて綺麗でした。


こんな光景は生まれて初めて! 隔離部屋の4面の壁のうち

一面はガラス

一面は透明度の高いプラ段

一面はふすま

一面は壁。


あっちからこっちから

子供の気配があり

顔を見せてくれて

忙しくかわいい限りです。


このくらいの距離感があると

子どもは、かわいさしかありません。


真実が見えていませんね!!




8回の閲覧

最新記事

すべて表示

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

洗濯機にも名前をつけます

こんにちは お盆が過ぎたら少し暑さに隙ができて 爽快っ♪ 今年はたくさん汗をかき 暑い暑いと言いながらも 仕事が進まないのは気持ちが悪いので 来る日も来る日も、目の前のことを黙々と進め。 そのかわり、先のことを考えるとか 難しいことを考えるとか そういうことが後回しになりました。 洗濯機が新しくなったり (回る度に羊の出産のような音が鳴ってたので) 便器が新しくなり、壁が水玉模様に塗られたり (入

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi