4月25日

ハンモックで暇そうに揺れるもっちゃんに 「この頃ナーフで遊ばないじゃん?」 と尋ねると。 (ナーフって、軟らかい球を連射できる銃の玩具です) 「サバゲーができないからつまんないんだもん」 (サバイバルゲーム、のことです) 「なんでー」 「だってお父さんがダメっていうから」 じゃーさー ゴーグルとか防具を付けたら? そーだーっ!! 2階をナーフ場にしようよっ!! いーねーっ♪ 夫人と子供一同、全会一致。 しかし、 2階の掃除をしながらよく話を聞いてみると 若林がダメだというのは 銃を人に向けること自体であって 危ないからとか痛いから、ということではないようで すると、ゴーグルとか防具の話でもないなー。 でも相談してみようよ だってせっかくお小遣いたくさん使って買ったんじゃんっ!! 我家の男児はふたりとも 多くないお小遣いをはたいて自分のナーフを買ったのです。 夕食時、相談を持ち掛けると 案の定「武器を人に向けるのはダメ」と父。 しかしそこで引き下がらない 遊び隊の人たち。 お父さんは何が気になるの? 「戦争みたいだから、いやだ」 ふーん。 じゃー戦争みたいじゃなかったらいいわけだよ。 「スポーツみたいにすれば?」 「ドッチボールみたいなものだと思えば?」 話がいい線に乗ってきたけど んー、まだ頷かない父さん。 「なんでダメなんだろう。  ドッチボールと玩具の銃の打ち合いの違いは何だ」 若林自身も、自分の「だめ」を分析しはじめ 「ドッチボールは、  投げるのが強い人と弱い人がいるけど  てっぽうは、そうじゃないよねぇっ♪」 いねの貴重なご意見に 若林もだいぶほぐされてきて 確かにーっ!! 人の力量を越える道具を使うからかも。 そうか、あとは 殺し合いを連想しない感じになればいいんでしょ? 柔道みたいに礼で始まり礼で終わるのは? 「人に向かって撃つ」じゃなければいいんだよ。 ぼくは、動く的を撃ちたいだけだから。 なら身体に的を付ければ 人じゃなくて、的を目がけてるんだからよくない? んー、なんか惜しいなー。 そーだーっ!! いいこと考えたよっ! 相手の、ハートを打ち抜いた方が勝ちにすればいいんだよ。 ぉぉぉぉぉー 一同に、地鳴りのような納得のどよめき。 なんか頓智のようなやりとりの末 まぁやってみよう、ということになりました。


実質はなにも変わらないんじゃないか

と思う結論ですが

納得がそこにあればいいのですよ。 諦めないって大事。 人の意見をよく聞くって 「ダメ」を分解していくって 大事だぞー、大事なことを学んだぞー今日。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

田富ガストにて

昨年秋から 次男が体操を習い始め 練習場所が家から少し遠いので その待ち時間で パソコン仕事をするようになりました。 ノートパソコンって便利ですね。 寒い部屋から、暖かい日向へ。 そんな小さな移動もできますが こうして出先にデータを全部持っていって もう好きなだけいじくり回せるのです。 ああ、買ってよかったMacBook。 昨年、MacBookを買って Macデビューです。 今も、一応メインはWi

人生ゲーム

年末の子どもたちは クリスマス辺りから甘やかされ始め 年末のあれこれに追われる大人をしり目に 温かい部屋でゲームに興じており 頭に来ます。 それで大みそかからは ご馳走に在り付き 年が明ければ、お年玉を受け取り うはうは。 正月を迎える支度と言うのは 楽しい旅行の荷造りみたいなもので 旅行を愉しみたい方は もれなく荷造りをするわけで 働け。 ということで 我家のこどもたちは 風呂掃除、薪の取り込み

手引きのような

いね1才の記念写真、なぜかおめかしして写真館で撮った一枚。 それを見て、いね 「お母さんこの頃かわいかったね❤︎」 かわいいいねちゃんに そんなことを言われたら 悪い気はしないわけで。 「そう?」 「うん。だって ぼつぼつとかも今よりないじゃん❤︎」 まーそーだねー。 褒められたのかと思ったけども 結果的に打ちのめす感じの 厳しいいねちゃん。 そばで聞いてた若林ともっちゃんが くすくす笑っていて

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi