4月15日

今年は、外仕事が異常に丁寧にできています。

いつも気が付くと花が咲いている宿根草も 芽が出てきたことに気が付いて 周りの草を刈ってさし上げるという そんなことまでできてしまっています。 例年、片目で見てはスルーしていた野蒜(のびる)も 今年は研究が着々進んでいます。


野蒜は、このスナンタの土手に

ほぼ無尽蔵に生えています。

まさに、無限野蒜地帯。


取りあえず毎日摘み行き

摘んでから、何にするかを考えます。


最高。 まずかき揚げにし、 醤油で漬け、油味噌と合わせ、乾燥させてもみて ちぢみにしたり、炒め物にいれたり、汁物にもして のびるの季節ってこんなに長いんですね。 例年食べなかったことが悔やまれるほど 何しても美味しいです。 いろいろ試した結果 ダントツの人気は、かき揚げですが 私としては、この緑を保存したいわけで 保存と言う観点で言えば 味噌より醤油によく合います。 洗って生のまま、醤油漬けです。 数日経てば、味が馴染んで最高です。


この小瓶たち

しばらく楽しめそうな量をつくりました。

ドライは粉末にしてみると 炒めた玉ねぎのような、いわゆる 「おいしそうな匂い」がするのです。 むろん味も美味しいのですが さて一体、この美味しい粉を 何に掛けて食べるのか。 これが目下、野蒜研究の課題になりそうです。 例年たくさんつくるハーブソルトに加えて 違和感がなければ、それもうれしい発見です。 野蒜の他に たんぽぽ珈琲を繰り返しつくっています。 たんぽぽの根っこを掘って 洗って刻んで、干して煎って、粉砕します。 手間が掛かります。 笑っちゃいます。 みんなで掘って

のんびり夜の時間で刻みます。

ふー


しかしこれが美味しいんです。 もっと土臭いのかと思っていたら 穀物のようなどっしりした香りがほっとします。


一杯目は濃い目に入れて 珈琲のようにいただき 2杯目以降はお茶のような気分でいただきます。 たのしいっ♪

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし

人員革命

なんだかんだ 新しい風がびゅーびゅー吹き込んでいます スナンタ製作所。 夏から、ちょこっとだけ アルバイトさんが入っています。 その風にのかって なぜか夫人も工房に入るようになりました。 なかなかわかってもらえないのですが これは大変な革命です。 長年、私は工房に入るべきではないと思っていて。 若林を見ている限り 作ったものは皆かわいくなるようだし 例えば展示とかコンペの時に あああれも、これも

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi