鹿子または鹿雄

「おはようございますー」

って、午前中。

玄関で隣のおばちゃんのいつもの控えめな声。


はいはいはいー

出て行くと。

おばちゃんのその手に新聞紙。


おばちゃん

たいてい鹿肉をくれる時

ビニール袋に入れた肉を

新聞紙に乗せて来てくれます。


案の定、鹿、だったんですが。

今回は、ちょっと趣向が違って。


「今日は骨付きなのー、大丈夫だよね?」


あ、大丈夫ですもちろん。

骨ついてるくらい。

ありがとうございます、いただきます。


と、頂戴し。

中身拝見。


うっおっ!


若林が帰宅するのを待ち

せっかくだから、骨付きの姿を見せびらかした後

さぁ解体。


まず戸惑うは

え?どこ持つ?


そして骨これ、どうなってる?

どんな形の骨がどこにどう在る?

右手に包丁、左手で肉をぶら下げるんですが

重い・・・


思ってたのと違う。

ちょっと怯む。


一度手を洗って

着ていた長袖を一枚脱ぎ

包丁を丁寧に研ぎ

さぁ、いざ。


立てたり、寝せたり、吊るしたり

試行錯誤、七転八倒(鹿がね)


結局骨から肉を剥がすくらいのことは

最低限出来たんですが

肉、散れ散れ。


ああ本当に

やっぱり鹿って大きい動物なんだなー。


「骨が付いてるよ」っていうのを

魚をさばく程度に捉えたのが大間違いで

骨だって、めっちゃ太いし大きいし。

関節だって、手羽先みたいにぽきっなんて無理で。


ぽっきっていきたくて

力を入れるんですがびくともせず

少しずつ力を強めても

結局、私の全力をもってしても関節は外せませんでした。


さばかなくちゃいけないから

あまり生きてた「鹿さん」のことは考えず

今回は「鹿肉」として脳内処理しましたが


いつもいただいている鹿肉より

遥かに「鹿さん」感が強くて

ああ、私勝手だなぁと思いました。


そして本当

隣のおばちゃんがすごいってことが

またよくわかりました。





最新記事

すべて表示

5月27日

先日のタケノコ 昨日、食べきったと思ったら 今日も、下校の彼らを迎えに行くと 途中の斜面で、ストップコール。 前回は 半袖にタケノコを抱っこして帰って みんなで腕がヒリヒリになったので 今日は、ほらエコバーックっ♪ エコバックは街でも便利ですが 山でも便利です。 山ではいつどこで、どんな豊作に出逢うか わかりませんからねっ! 結局またわんさか摘みました。 摘むのも、剥くのもやってくれますから とに

5月25日

子どもたちは学校へ行ったと思ったら タケノコを抱いて帰ってきました。 さすがです。 小学生たちは、下校後途中まで 歩いて上ってくることになっており 「12時になったら出発するから どこまで上れるか頑張ってみてっ♪」 ということにしておいたんですが 時間通りに車を出して、山道を下って行くと なかなか彼らに出会えず あれれー 轢くといけないので、ゆっくり下ります。 カーブを曲がっても曲がっても まだい

5月23日

一日フリーのこどもたち。 フリーと言われれば、案外暇そうで 「ねぇお母さんなにしよー」 そんな人たちには 何かとお願いごとをすると叶えてくれます。 夕方五時、さて夕食の支度を始めようという時。 もっちゃん、台所に参上。 「ごはんの準備手伝うよっ♪」 ありがたいです、なんせ。 その延長で、乾かしたハーブたちの茎取りを。 畑のハーブを摘んで乾燥させ 茎を取って粉砕、塩と混ぜてハーブ塩にします。 毎年自

​スナンタ製作所

© 2018 sunanta work mio wakabayashi

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art