陽太郎さんのを今

この季節、土日がちょっと暇です。

サッカーは変わらず土日共ありますが

ヨサコイのステージがないし

私の練習も、昼間には入りません。


昨日の反省を生かし

よーし、今日は仕事はしないぞーっ♪

ってことは本ばっか読むぞーっ♪


子どもたちと、町の図書館へ。


富士川図書館は

「図書室」って呼んだ方が正確な程

ほんと小さい図書館で

私は大変好き。


この小さい図書館だって

全部読み切れるかっていったら

全然読み切れないし。


ここに並んでいる本の数だけ

作家渾身の言葉で綴られた

渾身の世界が広がっているのだ

あの本にも、この本にもっ!


と思うと

ニヤニヤしてしまいます。

それが想像しやすいサイズの

かわいい図書館です。


昨日、子どもたちを虐げてまで

やっていた仕事は

新し椅子のパンフレットデザインで


そこに作品コンセプトを載せるんですが

それが珍しく若林に喜ばれ


「本を読んでるのも、無駄じゃない気がする。」


お?


私の読書は

最初、暇つぶしと現実逃避から

始まっていてたし

若林は私の読んでいる本にも

興味が全くなかったので


そんなこと言われて

なに、うれしいわけで。


読もう読もう

読みたい本はいっぱいあります。


はい、節度をわきまえて。

はい。




12回の閲覧

最新記事

すべて表示

5月1日

隔離家は若林の書斎でもあるため 若林の本棚があります 木材や森林、建築やアート その辺りの書籍と雑誌 それと おびただしい量の、パンフレット類 それを閉じたファイルの数! ああああああ それ必要なの? 時に勇気を持って尋ねてみるんですが 必要なんだそうです。 物を保管するにも 「管理料」が掛かっているのよ つまり私の手間賃ね。 といつも言うんですけど それにも勝る価値のようです。 それに紛れて数冊

ちょうどクリスマスカラーだし

俄かにサンタさんの動きが活発化している気配を感じ ああもし、もし 私に今年、サンタさんが何かくれるなら その望みを言ってごらんよと 聴いてもらえるなら 何が欲しいと望もうか。 んー クラリネットをメンテナンスに出したい。 極めて、かわいくない返答です。 「自分で出せよ」ってサンタのボヤキが聞こえてきそうです。 小人の靴屋の方が辛うじて近いです。 これだから私にサンタさんは来てくれません。 さて、師

澄んだ瞳の柔毛突起

「おら、おらで、ひとりいぐも」 今年?去年?芥川賞を受賞した若竹さんの小説ですが やっと先日めぐり合って、読めました。 東北弁を交えながら綴られる、女性の「老い」 これが定型の「老い」からはみ出ることの快感。 小説を読むって面白いなぁ。 私は今39歳ですが 子供の頃の私から、途切れることなく地続きで39歳になりました。 子供の頃は 例えば小学生になったら違う自分に変身する気がしていたし 「大人」に

​スナンタ製作所

​〒400-0512 山梨県南巨摩郡富士川町小室4227

Love

Peace

Art

© 2018 sunanta work mio wakabayashi