過去ブログのご紹介

最終更新: 2018年10月18日


過去の「めばえ若林夫人の手帖」は

スナンタ製作所の前身「めばえ工舎」に付随したブログで

主に私が書いていたため

本業に全く関係なく、暮らしやこどものことが大半。


「駆け出しの木工作家と、木工で生計を立てるため奮闘する妻の  

険しくも健やかでコミカルなその姿をそのまま描こうとするものです。」

サブタイトル、うまいこといったもので

そうそう、まさにそんなブログです。


ふざけた暮らしを全力でしていた当時の若林さん一家。

愛らしいなーと思います。

よかったら、覗いてみて下さい。


めばえ工舎発足、ブログ始動の2004年

夫人アルバイトを辞めて総力加速の2005年

第一次妊婦時代到来2006年

3人家族開始2007年

第二次妊婦時代2008年

4人家族開始とアレルギーとの共存模索2009年

また来た妊婦時代てんやわんや2010年

5人家族開始本当に書きたいことは絶対書けない2011年

札幌福島二重生活開始2012年

札幌満喫の裏で限界を密かに自覚する2013年

二重生活解消山梨移転2014年

スナンタ製作所始動山梨満喫2015年

夫人の反抗期勃発2016年

もうあんまりブログ書いてない2017年

もう全然書いてない2018年


もう「駆け出し」じゃない私たちの暮らしは

それでも険しく健やかでコミカルですよ


「暮らし」は最高におもしろい。


生きることは「暮らす」こと。

生きるための活動が「生活」なのだから ​


「生活」を語らずして、どうして「生きる」を語れようか

スナンタ製作所「製作部」では、彫刻で「生きる」を語っているけれど ​


直な「生きる」はもっと何気なくそこにあって

どうしようもなく軽視されがちなそれなのだと思うのです。 ​


スナンタ製作所と、対岸の切り口で 「生きる」を考える ​

ただ「せいかつ」することのおもしろさが

さてどれほどか


その追及を楽しむ、それが「せいかつ部」の活動です。 ​



17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし