追憶がご馳走

前日の文化祭の疲れも取れずですが

所属する吹奏楽団の定期演奏会です。


市川三郷吹奏楽団は

平均年齢30歳くらいの

比較的ぴちぴちした楽団で


その分、技術や表現の未熟さは

否めないのですが

気持ちが負けてない、素敵な団です。


定期演奏会は

言わずと知れて

年間活動の中で最重要。


春の軽めの演奏会。

夏のコンクール。

などありますが。


日頃見守っていただいている

地元のみなさんに

活動の成果を見ていただく

大切な演奏会です。


選曲の難易度も高めです。


ヒーヒー言って

こつこつ練習しましたが。

なかなか、なかなか到達できず

落ち込むこと多々。


しかし、あれです。

本番には魔物もいますが

神様もいます。

なんとかなるもんですっ♪


プログラムの最後には

この夏のコンクールで演奏した2曲を。


長く練習した

思い入れの深い深ーい曲。

これを最後に

もう2度と演奏することはないのです。


寂しい気持ちでいっぱいですが。

とびきり贅沢なご馳走を

いただくような気持ちで

最後の演奏をしました。


とてもいい気持で演奏できましたが

西関東大会のような

嵐は巻き起こらず

当たり前ですけど。


同じ曲、同じメンバーですが

そうなんですね。

生ものなのだなーと、実感しました。


たくさんいい思いを

させてもらったこの曲達とは

もうお別れで

演奏会も無事終わり。


冬の間は、イベントを欠席して

通常練習のみに精を出します。

オフシーズンということで

基礎力を伸ばそうと試みます。


ひと段落ですっ♪

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし