課題と冥途の土産が山積みです

7月も半ば

今年も吹奏楽コンクールが迫っています。


課題曲は、王道のマーチ。

自由曲は「第五福竜丸の記憶」を演奏します。


先週末は、それにむけたホール練習。

本番のホールとは違いますが

地元のホールを貸し切ってバランスを確認します。


二曲とも、まだ寒い季節から練習を始めており

お付き合いはだんだん長いのですが

まだまだ、気心が知れるまでではない感じで。


もう少し、あと少しの合奏の機会と

私の耳経由で、心と身体に染みる必要を感じています。


毎日の個人練習と、耳から入れる音源と

みんなでする合奏を重ね

曲との距離を少しずつ縮めていきます。


本番が近づくと

みんなも本気になるので

曲が加速度を付けて仕上がっていき


すると更に

私と曲の距離が縮まりやすくなるわけで。


ここから本番までの二週間は

誰もが上り調子で気合を入れてかかるので

みるみるうちに、その距離が詰まる時期。


距離が詰まると私のガイドは

譜面ではなく、指揮になり、ほかのみんなの音になり

ここから一気に世界が広がっていきます。


ここからが、楽しい時です。


年間の活動で

二回のコンサートとコンクールがありますが


コンサートの曲は、大抵追われており

仕上げに掛ける時間が実際それほどありません。


一年のうちで、一番丁寧に仕上げる曲は

コンクールの曲、この2曲です。


これから本番までの2週間は

1年のうちで一番しあわせな時間。


あー、よく味わってこのしあわせを

もう冥途の土産に持ってくくらいに。

(冥途の土産、既にたくさん積んでありますが)


忙しいですが。

練習に行きすぎて家族にはちょっとやな顔されますが。

大目にみてね、今だけだからっ♪



16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最新作までも

次男が 「朱肉」と「春菊」を間違っています。 地元富士川町のお隣 市川三郷町は、ハンコの町で 今年小学校を卒業する次男は 卒業証書にハンコを 隣町に作りに行ったのです。 つくったハンコを持って帰ってきたのは 知っていたのですが。 それで、「春菊ある?」 と聞くので「ないよ」と答えました。 腑に落ちなかったらしい彼は 後に、若林にも同じことを聞きます。 「うちに春菊ってないの?」 お母さんがないって

続、まくら

小麦の芽が出て、エゴマの脱穀に追われ 山ではくるみが落ち、イチジクが熟れ お肌が乾燥し、秋です。 そうだ。 なんだか40歳を境に、気圧の変化を 感知できるようになりました。 家では平気ですが 山を降りると耳に空気が攻め込む日があり こういうのを「気圧が高い」って いうのだろうな、とわかります。 秋の訪れを お肌でびしっと感じるようになり 気圧もわかるようになり 歳を取るのつれて、増す敏感さ 進化し

密輸の夢みる

今日は若林と まくら屋さんに行ってきました。 まくら屋さん。 レアなお出掛け先です。 先日、朝目覚めたら、背中激痛。 息を吸うのがつらい感じで。 何か無理な動きをしたかなぁ 悪い姿勢を続けたかなぁ 前日の行いを思い浮かべるも 原因らしい事はおもい当たらず。 ああこれはまたあれだ。 食いしばりだ。 数ヶ月前にも、食いしばりが原因の 劇的な体調不良がありました。 多分 まくらなしで寝ちゃった日の食いし