top of page

課題と冥途の土産が山積みです

7月も半ば

今年も吹奏楽コンクールが迫っています。


課題曲は、王道のマーチ。

自由曲は「第五福竜丸の記憶」を演奏します。


先週末は、それにむけたホール練習。

本番のホールとは違いますが

地元のホールを貸し切ってバランスを確認します。


二曲とも、まだ寒い季節から練習を始めており

お付き合いはだんだん長いのですが

まだまだ、気心が知れるまでではない感じで。


もう少し、あと少しの合奏の機会と

私の耳経由で、心と身体に染みる必要を感じています。


毎日の個人練習と、耳から入れる音源と

みんなでする合奏を重ね

曲との距離を少しずつ縮めていきます。


本番が近づくと

みんなも本気になるので

曲が加速度を付けて仕上がっていき


すると更に

私と曲の距離が縮まりやすくなるわけで。


ここから本番までの二週間は

誰もが上り調子で気合を入れてかかるので

みるみるうちに、その距離が詰まる時期。


距離が詰まると私のガイドは

譜面ではなく、指揮になり、ほかのみんなの音になり

ここから一気に世界が広がっていきます。


ここからが、楽しい時です。


年間の活動で

二回のコンサートとコンクールがありますが


コンサートの曲は、大抵追われており

仕上げに掛ける時間が実際それほどありません。


一年のうちで、一番丁寧に仕上げる曲は

コンクールの曲、この2曲です。


これから本番までの2週間は

1年のうちで一番しあわせな時間。


あー、よく味わってこのしあわせを

もう冥途の土産に持ってくくらいに。

(冥途の土産、既にたくさん積んでありますが)


忙しいですが。

練習に行きすぎて家族にはちょっとやな顔されますが。

大目にみてね、今だけだからっ♪



最新記事

すべて表示

写真は5年分齢をとってました

先日、運転免許証の更新手続きをしてきました なんと 今回、生まれてはじめての ゴールド免許 自覚的に そんなに優良なドライバーではないと思うのですが くれるよというなら もらっておきます、ゴールド免許 私が今乗っているかわいいエブリは (スズキの「軽っぱこ」といわれるやつです) なんだかべこべこで んー ひとつひとつのキズについて思いかえせば あー確かにー 台風の次の日にぶつけたなー、とか 草刈機

42歳モデルデビュー

私はスナンタ製作所のなんでもやですが この頃は、そのなんでもの範囲が広がっていて 今日はついに モデルになりました ただ モデル、兼、カメラマン 三脚を立て、シャッターを押し 急いでスツールに腰掛け、くつろいだポーズ! ネックレスやピアスをつけ あっちむいたり、こっちむいたり 顔がやっぱいアレなんだ、下を向いたり 全部、ひとりです シュールな光景です でも わざわざ誰かにモデルを頼んでも もたもた

もうすぐ焚火

髪を結ぶ娘と ネクタイを結ぶ息子が交差する朝 なんだみんなおおきくなたなぁ 気づけば私は 「母」でいなくてはならない時間が だいぶ減っています 「母」でない時間、一体私は何なのか それは「私」です 「母」も「私」ではないのかと 若林によく言われますが それは違うんだな❤︎ そうやって 捨て身で母業を担ったことが よかったのか、よくなかったのか 今となってもよくわからないのですが 私の不器用さと、性

Comments


bottom of page