読書で充電機能付き

山田宗樹さんの「代体」を読みました。

近未来SF小説というますか

そんな感じです。


記憶と自我、意識と身体

何層にも複雑に織りなされる巧妙な世界。

内容はさておき。


小説を開くとそこにあるのは、文字。

文字だけ。

それは言葉の列です。


ある作家は

「自分の仕事は所詮言葉を並べ替えているだけに過ぎない」

と書いてましたが、まさに。


その単なる言葉の列が成す世界が

壮大であればあるほど

その言葉の列が私の思想や感情を

動かせば動かすほど


言葉の力、その果てしなさを確認します。


かたや、実生活では

コミュニケーションにミスれば

言葉なんて本当不毛、災いの種でしかない。

って落ち込んで


そんな時にですね。

こんな壮大な世界観の小説に出逢えるとですね。

勇気が湧きます。


言葉で伝えられることは、こんなにもある

言葉にしてみよう、きっと伝わる

と思えるのです。


実生活で追いつめられた時に

本読んでるってなんか、バカにしてるみたいですが。

違うんですよ

ひなびたやる気を充電してるんです読書で。



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

61冊、2020

今年も出会いがたくさんありました。 本を開いている間 私は物語の登場人物の人生を生きます。 本を閉じて、私の人生に帰ってきた時に 見慣れた景色がとてつもなく平和に見えたり しあわせに感じられたり 仕事があること、家族がいることに 悦びを感じたり 若林に恋をしたくなったり 地球の空気に感謝したり (SFも好きだから) 読書を通して 自分の人生を出たり入ったりするので ああそうか。 だから私、なんかい

5月1日

隔離家は若林の書斎でもあるため 若林の本棚があります 木材や森林、建築やアート その辺りの書籍と雑誌 それと おびただしい量の、パンフレット類 それを閉じたファイルの数! ああああああ それ必要なの? 時に勇気を持って尋ねてみるんですが 必要なんだそうです。 物を保管するにも 「管理料」が掛かっているのよ つまり私の手間賃ね。 といつも言うんですけど それにも勝る価値のようです。 それに紛れて数冊

ちょうどクリスマスカラーだし

俄かにサンタさんの動きが活発化している気配を感じ ああもし、もし 私に今年、サンタさんが何かくれるなら その望みを言ってごらんよと 聴いてもらえるなら 何が欲しいと望もうか。 んー クラリネットをメンテナンスに出したい。 極めて、かわいくない返答です。 「自分で出せよ」ってサンタのボヤキが聞こえてきそうです。 小人の靴屋の方が辛うじて近いです。 これだから私にサンタさんは来てくれません。 さて、師